双子の赤ちゃんがいる家庭では双子用ベビーカーが大活躍します。

1人はベビーカーで、もう一人は背負っていては大変ですからね。

 

そんな大活躍のベビーカーですが、いろいろな種類があって、一体どんなタイプのベビーカーを選べばいいのでしょうか。

 

ここでは、そんな悩めるママのために、双子用ベビーカーの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

どうやって選んだら良い?双子用ベビーカーの選び方

双子用ベビーカーは大きくわけて横型と縦型の2種類あります。

 

横型は赤ちゃんを横並びに乗せるタイプで、縦型は赤ちゃんを前後それぞれに乗せるタイプです。

横型、縦型それぞれのメリット・デメリットがありますので、生活スタイルに合わせて選ぶようにしてください。

 

横型ベビーカーのメリット・デメリットは以下です。

メリット

・お互い並んでいるため、赤ちゃんの世話がしやすい

・子供同士で仲良くおしゃべりできる

・席のとりあいにならない

 

デメリット

・横幅が大きくなるため、狭い道では通れないことがある

 狭いエレベーターでは乗れないことも。

 

横型ベビーカーのメリット・デメリットは以下です。

メリット

・年が離れていても使える

・横幅が一人用と変わらないため、狭い道でも通ることができる

・席のとりあいにならない

 

デメリット

・前と後ろで席の取り合いになることがある

・後ろの席は世話がしにくい

・縦に長いため、小回りがききにくい

 

縦型・横型ベビーカーのメリット・デメリットがわかったところで、ここからは選び方のポイントをご紹介します。

 

  • 自宅に合ったものを選ぶ

一軒家であればそんなに置き場に困らないでしょうし、通路を気にすることはありませんが、マンションとかであれば、横幅が大きくなるとエレベーターに乗れるのか、通路を通ることができるかなど、気にするポイントがでてきます。

 

  • 移動手段に合ったものを選ぶ

移動手段が公共交通機関なのか車なのかによっても変わってきます。

車移動であれば移動もきにすることないですし、車にもつめる横型がおすすめですが、公共交通機関ともなると、エレベーターに乗れなかったり、階段など持ち運びに便利な縦型の方がおすすめです。

 

  • よくいく場所に合ったものを選ぶ

お買い物など、よくいく場所に合ったものを選ぶようにしましょう。

例えば、よくいくスーパーの通路が狭く横型では通ることができないのであれば縦型の方が便利になってきます。

 

  • 走行性を確認する

縦型・横型では走行性も変わってきます。

横型で一人しか乗せていないと、片側に寄ってしまいバランスを崩しやすくなります。

双子用はどうしても一人用に比べて重たく、操作性が悪くなりますので、自分の生活スタイルに合わせて、どちらが操作性がいいのかを事前にチェックしましょう。

やっぱり気になる…双子用ベビーカーの値段相場

双子用ベビーカーの値段の相場はいくらぐらいなんでしょうか?

値段はピンキリで3万円~10万円くらいまでとさまざまです。

 

ではこの値段の違いはどこにあるのでしょうか。大きくは機能性・デザイン性の違いによるものです。

 

おしゃれなデザインの物は人気が高く値段も高くなってしまいます、それよりかは機能性のいいものを優先する方がいいでしょう。

 

また、双子用ベビーカーは一人乗り用と違って、A型、B型の区別はなく、対象年齢しては、どのメーカーもほぼ新生児から3歳ごろまでを推奨しています。

 

そのため、一人用のように最初はA型を購入して、大きくなったからB型を購入するというわけにはいきません。

最初から自分の生活スタイルがどちらに適しているかをしっかり吟味して購入する必要があります。

 

また、双子ともなると育児用品を2つ用意する必要があります。そのため、ベビーカーなど一時的にしか使わないものはレンタル品を活用するか、中古品などを選ぶ方が金銭的には安く済む場合もあります。

スポンサーリンク

まとめ

双子用ベビーカーの選び方についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

双子用のベビーカーの横型・縦型は個人の生活スタイルによってどちらがいいのかは変わってきます。

 

安いものでもないため、一度購入してみて、ちょっと使いづらいからやっぱり買い換えようというわけにはいきませんので、必ず自分の生活がどちらが適しているのかと、どちらの方が使いやすいかも合わせて検討するようにしてください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事