一人暮らしの節約術といえば、真っ先に思いつくのは食費のカットですよね。

でも今まで実家暮らしだったなら節約に戸惑う人も多いはず。

 

私も一人暮らしを始めた当初は、「やっと自分の好きなようにできる!」と大喜び

でした。新生活のストレスもあって仕事からの帰り道にコンビニで好きな弁当と

お菓子、飲み物を買って家でダラダラ。そんな毎日を送っていました。

 

そしてやっぱりやってきました! 月末のピンチ(金欠)です。

 

一人暮らし歴の長い会社の先輩に相談すると、「節約したかったらやっぱり自炊だよ」

とのこと。

 

というわけで私も自炊を始めたのですが、ひと月やってみたら食費がぐっと抑えられて

お給料の範囲内でやりくりすることができました!

 

その中でも特に役に立ったレシピをご紹介します。

一人暮らしだと冷蔵庫に食材が余りがち…そんな余り物でできるおすすめレシピ

さて金欠を解消すべくはじめた自炊ですが、コンビニではなくスーパーで買い物を

すると、特売の食材は安いけど、一人暮らしには量が多いんですよね。

 

キャベツ一玉とか豚肉の大パックなど、割安ですが「一人で食べきれるのか?」と不安になります。

 

けど大丈夫!

いためたり、焼いたり一通りの食べ方をした後は、スープがおすすめです。

 

例えば先ほどのキャベツと豚肉が余ったとしましょう。キャベツは芯に近いところも全て

 

食べやすい大きさに切り、豚肉も一口大に切って鍋に入れます。あとはコンソメや和風だし+醤油など、お好みの調味料と水を入れてキャベツがクタッとするまで(中火で15分から20分程度)加熱したら完成です。

 

シンプルだけど驚くほどたくさん野菜が食べられます。

 

また、福神漬けやキムチなどの漬物も冷蔵庫に長い間あったのですが、これはチャーハンにしたらおいしかったです。

 

しっかりした塩味とうまみがあるので味付けは漬物だけで十分おいしかったですよ。

初めての一人暮らしで料理なんてしたことない!そんな人におすすめの簡単レシピ

切って炒めるのが面倒なんだよね…。

 

わかりますその気持ち!

 

一人暮らしは料理のほかに掃除、洗濯とやることがいっぱいですよね。

 

やったことない人は料理をつい後回しにしがちですが、難しく考えなくても

いいんです。

 

まずは食材を、切るだけ、混ぜるだけ、焼くだけにしてみると驚くほど調理が

簡単になります。この調理法でいろいろなどんぶりものと麺類が作れます。

 

私のおすすめは切るだけ、混ぜるだけの簡単丼です。

 

例えば、豆腐を切ってレタスなどの野菜とまぜ、ドレッシングで味付けしてご飯の上に

のせたり、ツナ缶と刻みネギをマヨネーズで和えて卵の黄身とともにご飯の上にのせてどんぶりにすると簡単で美味しいどんぶりになります。

 

そしてご飯を麺に変えればバリエーションが2倍になります。

 

自分の好きな食材を組み合わせるのが楽しいですよ。

忙しくて料理する時間がない!そんなときどうする?

残業やバイトなど、家に帰って寝るだけの多忙な人にもおすすめなのがこの方法。

 

ずばりご飯、パンや麺などの主食だけ用意してあとは

加工品やレトルト食品を活用します。

 

帰ってすぐに食べられうるように冷凍庫に主食をストックしておくと便利です。

 

カレーや牛丼、親子丼、ミートソースなどレトルト食品は種類も豊富なので、

いつもはご飯にかけるのを麺に変えるだけでも雰囲気が変わります。

 

あとはヨーグルトや五目豆、サラダチキンなど袋から開けてすぐ食べられるものを

つければヘルシーで美味しい食事が簡単にできます。

 

お弁当を買うよりもずっとお得です。

おそうざいも使いようによってはお得?

ここまで来てやっぱりお惣菜買うんかいっ!とツッコまれそうなことを書きましたが…

 

自炊は節約につながるのですが、揚げ物なんかを一人暮らしの狭い部屋で作るのは

大変ですよね。

 

けどどうしても食べたいとおもったら単品で売られているコロッケやチキンカツを

数個買ってきます。

 

私の近所のスーパーでは金曜日に

揚げ物のセールがあっててんぷらやフライが一個100円前後で売られています。

 

そういったスーパーが近くになくても、

コンビニのホットスナックであれば100円から

200円程度で焼き鳥串やフライドチキンが買えますよね。

 

これにひと手間加えるのがおすすめです。

 

焼き鳥ならくしから外して麺つゆの中に入れて卵でとじにする、残ったカレーやシチューがあればこれらをご飯の上にのせさらに買ったフライドチキンをのせてトースターで焼いてドリアにするなどなど。

 

もちろん揚げ物はそのままで、カット野菜だけレンジで加熱して温野菜を添えるだけでも

ずいぶん家庭料理っぽくなりますよ。

 

もしくは「食宅便」を使うのも手です。

 

ちなみに「食宅便」とは、

 9,000人以上の管理栄養士・栄養士を擁する日清医療食品の自信作!

 

塩分・カロリー控えめ、なのにとってもおいしいおかずを

クール便で届けてくれます。

 

仕事で忙しい方でも、コンビニの誘惑に負けずお腹ペコペコの状態で

家に帰ってレンジでチンするだけで簡単にヘルシーな、

便利なおかずセットです!

累計2,000万食突破!! 大人気の食事宅配サービス「食宅便」

※余談ですが、私もケアシリーズの「らくらく定期便」契約してます…。笑

まとめ

  1. 冷蔵庫に残った食材はスープやチャーハンにして上手に使い切る。
  2. 全く初めての人でも切るだけ、混ぜるだけ、切るだけの料理から始めよう!
  3. 忙しいときは主食だけ用意、あとはレトルトや市販品乗り切る。
  4. おそうざいをうまく活用する。

 

はじめは金欠から脱出するために始めた節約料理でしたが、やっていくうちに案外

簡単な調理方法でもいろんなメニューが作れることがわかりました。

 

外食が減った分、体型も少しすっきりしてきたように思います。

 

忙しいときはお手頃価格のお惣菜も活用して楽しく節約してみてください。

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事