ここ近年、温暖化の影響か夏になると暑さと
湿気で蒸し暑いですよね。

外出する時は日焼け止めはもちろん、帽子や日傘など
日よけ対策はもちろん、水分補給のための水筒や
ペットボトルなんかも必需品です。

室内はエアコンが効いてる場所も多いと思いますが、
エアコンが苦手な方や、エアコンがそもそもない
場所にいる方もいらっしゃると思います。

私自身真夏、暑い日に室内でエアコンがなく、
扇風機しかない場所に長時間おり、熱中症の
ような症状で救急搬送されてしまいました。

元々暑さに弱い体質なのですが、
『自分は普段から同じ場所にいるので大丈夫』
って過信してしまって…

大きな間違いでした。

症状としては

  • 手足のしびれ
  • 頭痛
  • こむら返り(寝ている最中ですがしょっちゅうありました)
  • 過呼吸
  • 高熱(救急搬送先で計ったら39度あったと後で聞きました)

が挙げられます。

その以前からも食欲がなく、睡眠不足気味ではあったのですが…

私自身、二度と同じことを繰り返さない為に、熱中症の原因と症状、
対策を調べてみましたので、参考になればと思います。

スポンサーリンク

なんとなく気持ちが悪い…熱中症の症状 吐き気

人は夏になると気温とともに体温も上昇する為、
体は体温を下げようと汗をかくそうです。

その汗には水分だけではなく塩分も含まれており、
両方が不足すると脱水症状、放っておくと
熱中症、熱射病へと進行していくそうです。

汗をかきすぎて服が所々白くなったり、汗を拭く時
ざらざらした感覚ってないですか?

それが体から出た塩分です。

熱中症が重症化して救急搬送と言うことに
ならないよう、こまめな水分補給やタブレット
などで塩分をとる事を心がけましょう。

「スポーツドリンクや麦茶を夏に取りましょう」
とよく聞くのはこのためですね。

とは言っても、学校など大勢の場合なかなか目が届かず、
熱中症などになってしまう方もいるのが現状です。

早めに気づき、重症化しないよう対処することが
必要だと思います。

下記の通り、熱中症の初期症状と対処法の例を作ってみました。

ネットで調べてみると、熱中症の症状としては
3段階あるようです。

I度 :めまい、立ちくらみ、気分が悪い、手足のしびれ、こむら返り(筋肉の痛み、硬直など)

(軽症 日陰で休む。水分補給。衣服を緩めるとともに体を冷やす。)

II度 :頭痛、吐き気・嘔吐、体のだるさ、力が入らない

(中等症 病院にかかり補液を受ける必要がある)

III度 :返事がおかしい、痙攣、まっすぐに歩けない、体が熱い、意識喪失

(重症 救急車で救命医療を行う医療施設に搬送し入院治療の必要がある)

熱中症で気分が悪い状態を我慢していると、
吐き気の症状が出ることがあります。

上記の熱中症の症状を見ると、病院に行き
点滴をしてもらわなければいけないレベルです。

やはり、Ⅱ度になる前に適度な休憩時間を設けたり、
水分補給をしやすい環境を作るようにしましょう。

また、外では、気分が悪い方が出た場合、
日陰を作ると有効です。

参考元https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/31_nettyusyo/

なんだか意識が朦朧…熱中症の症状 ぼーっとする

暑い盛り、なんだか意識朦朧ということもありますが、
『ボーっとする』というだけでは一概に熱中症とは
言い切れません。

というのも、集中しすぎて頭がつかれていたり、
寝不足だったり…様々な原因で同様の症状が
起こるからです。

ただ、暑いところに長時間いて、暑さでボーっとして
先ほどの症状のほとんどが現れ、自力で水分が
取れなくなると、熱中症になっている可能性が
高いと言えます。

私が救急搬送された時は、長時間暑い中にいたため
頭が暑さでボーっとし、尋常じゃない汗があふれ出ていました。

一旦エアコンの効いた場所に行ったのですが吐き気がし、
トイレに駆け込んだ辺りから記憶が曖昧になっていました。

先ほどの熱中症の症状の正にⅢ度…
今思えば搬送されたのは当然の出来事でした。

私の場合、事前にいろいろ症状は起きていたので
お知らせします。

  • 食欲がなく睡眠不足がち

(朝食を食べない日もしょっちゅうありました)

  • 睡眠中こむら返りがある

(足が疲れてむくんでいると思っていました)

  • 頭痛があり、気分がすぐれない

(元々頭痛もちで、体調不良でも休める状況ではありませんでした)

このような症状があったら、熱中症を疑ってみてください。

重症化を防ぐことができるかもしれません。

参考元https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201408.html

スポンサーリンク

まとめ

熱中症は毎年ニュースでも取り上げられているので、
対策はとっている、自分は大丈夫って思っている方も
多いのではないでしょうか。

私も慣れているから大丈夫って思っていた一人です。

しかし、今回救急搬送されたことによって、
その考えは完全に覆りました。

熱中症は子供や高齢者だけではなく、
誰にでも起こる事なんです。

食事、睡眠はもちろん、日中の暑さ対策
(水分補給や塩分補給のタブレット)、
体調不良の時は無理をせず体を休めることが
大切だと実感しています。

体調が悪くなった時に休憩する環境を整えて、
暑い夏を乗り切って行きましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事