「母の日にどんな花を贈ったらよいのかな・・・」
と、迷って調べている方はきっと心がお優しい人なのでしょう。

母親に感謝の気持ちを伝える「母の日」

「母の日」は19世紀にあなたのような、
優しいアメリカ人女性のアンナが
亡くなった母親のために、白いカーネーションを
贈ったことがきっかけで広まったと言われています。

「父の恩は山より高く 母の恩は海よりも深し」
とことわざにもあるように、父母から授かった命があるから
今の自分がいると思うと、感謝をせずにはいられません。

一般的には母の愛の象徴でもあるカーネーションを
贈る方も多いと思いますが、花はそれだけではないですよ。

ここでは主に50代のお母さまがいるあなたへ、

花や緑を愛でるのが大好きで、自宅でも細々と植物を
育てて楽しんでいる筆者が、カーネーション以外に
どんなお花が喜ばれるのか、母の日の季節に旬を迎える
美しい花を、花言葉や特徴を交えてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

母の日に送りたいカーネーション以外のお花の種類

花を贈るといったら、花束をイメージされる方も多いでしょうが、
お花を育てるのがお好きな方であれば、鉢植えの花を
プレゼントするのも良いと思います。

私の義母も花が好きで、クレマチスの鉢植えを
プレゼントしたことがありますが、植え替えた後も
毎年綺麗な花を咲かせています。


花を飾る習慣が無い方は、花瓶付きのものなどもありますので、
お母さまの好みに合わせて選びましょう。

「花」は風水でも陽の気があると言われており、
人に良い影響を与えるそうです。

芳香によって神経が刺激され、色によって様々な効果があるので
そのことを基準に選んでみるのも良いかもしれません。

例えば、以下のような感じです。

白・・・リラクゼーション、心身の健康
青・・・興奮神経を抑えて気持ちを落ちつかせる
紫・・・不規則な生活や知恵熱などに
ピンク・・・穏やかな気持ち、肌を若返らせる
赤・・・血行が良くなり意欲が湧いてくる
オレンジ・・・体を温め、活性化させる

花束にするのにオススメの花といえば・・・

①フリージア


花言葉:親愛の情

香水にも用いられる程良い香りの花で、
くるんと丸っこいつぼみから次々と咲く姿は美しいです。

②ガーベラ


花言葉:希望、気高い美しさ(ピンク)、いつも前向き(赤)

大きくはっきりとした花は、見るだけで元気になれそうです。

③ユリ(カサブランカ)


花言葉:純潔

大きく凛と咲く花は可憐で、西洋では聖なる母との
結びつきが強い特別な花とされています。

香りが強いので好き嫌いがありそうです。

④シャクヤク


花言葉:はにかみ、誠実

「立てばシャクヤク 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」
と例えられるように、美しい女性をイメージさせる花です。

お母さまのイメージカラーを取り入れながら、
色々な花を入れて華やかに仕立てていただきましょう。

ちょっと変わったところで・・・香りを楽しみつつ、
実用的なものが良ければハーブや果樹の鉢植えなどもオススメです。

みかんの花・ラベンダー・ジャスミンなどは
リラックス効果があります。



みかんは果実を食べることができますし、
ハーブはお茶やドライフラワーなどにも使えますので、
そのようなことが好きなお母さまには向いていると思います。

私も、実家でみかんの鉢植えを育てていました。

ところが、葉は知らぬ間に丸坊主に・・・飛んできたアゲハ蝶が
卵を産んで幼虫がむしゃむしゃと食べてしまったのです。

おかげで何度も孵化して蝶になる美しい姿を見ましたが、
実を言えばみかんを食べることができなかった
そんな記憶があります・・・。

母の日のお花は花言葉から選んでみよう!

お母さまへの感謝の気持ちを直接伝えるのが恥ずかしい方は、
花言葉にそっと託すのも良いでしょう。

ここでは、素敵な花言葉を持つ花をご紹介します。

①バラ


花言葉:深い尊敬(白)、絆(オレンジ)

「花の女王」と呼ばれるくらい、気高く美しい花です。

香りも良く、見ためが華やかなので花束でよく贈られます。

最近ではレインボーローズと呼ばれるなんとも鮮やかな色のバラもあります。

②胡蝶蘭


花言葉:幸福が飛んでくる

お祝いの場でよく見られる胡蝶蘭。

鉢植えで贈ると、幸せが根付くと言われています。

③ゼラニウム


花言葉:尊敬、信頼

かわいらしい花を咲かせます。

海外では魔除けや厄除けのお守りとして
窓辺に置いたりもするそうです。

④すずらん


花言葉:謙遜

可愛くコロッとした形の花が特徴です。

フランスでは5/1に愛する人にすずらんの花を贈ると
贈られた人は幸せになるという風習があるようです。

参考までに・・・。

お花と一緒にお母さまの好きなお酒や食べ物を
プレゼントして一緒に過ごしたり、好きな花で
作った手作りの葉書に、普段言えない感謝の
言葉を書き記すのもおすすめです。

バーバリウムなどであれば、お好きな花を
ずっと飾っておくこともできますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いろいろな花をご紹介してきましたが、
なんといっても一番大切なのは
「あなたの気持ち」です。

お母さまのことを考えて選んだものは、
きっとなんでも喜んで頂けることでしょう。

「母の日」という折角の機会、感謝の想いを
伝えて温かい素敵な時間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事