これからスキーを始めたい人や、滑れるようになって続けていきたいと思った人なら自分でスキー板を購入したいと思いますね。

私の場合は、家族がスキー経験者で、毎年行きたい!ということで、初めてのスキー板を購入しました。

スキー板を選ぶといっても、意外と種類も多く初心者ではどれを選んだら良いか迷ってしまいます。

今回は、スキーを始めたい!と思うあなたにお勧めのスキー板の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

自分に合うスキー板はどれ?あなたに合ったスキー板の長さの決め方

意外と知らないスキー板の種類。選ぶならどれ?

初心者におすすめ。オールラウンドスキー

ゲレンデを楽しむ人向けの、オールラウンドスキー。

一般的に多くの人に選ばれているのが、このスキー板です。

操作性が良く、ゲレンデをカービングしながら滑走するのに適しています。

その他の種類としてデモスキー、オールマウンテンスキー、フリーライドスキー、レーシングスキーなどがあります。

デモスキーとは、技術的に向上していく人の練習用のスキーとなります。

オールラウンドと似たカテゴリで、板の形状も、あまり変わりません。

 

オールマウンテンスキーは、ゲレンデ外の踏み固められていない雪の上を楽しむためのスキーです。

深い雪の上でも沈まない、幅が広い板が特徴です。

フリーライドスキーとは、エアやトリックなど、技を使いながら滑るスキーを楽しむ人向けの板です。

トップとテイルの両方が反りあがっている板を使うのが特徴です。

レーシングスキーは、滑走の速さを追求するスキーです。

素早いターンの切り返しにも対応しています。

これからスキーを始める人であれば、オールラウンドスキー選ぶとよいでしょう。

自分に合ったサイズのスキー板。どうやって選ぶ?

スキー板の長さは、よく自分の「身長から、-5cm~-10cm」を選ぶとよいといわれています。

また、体重によっても、重い人は浮力のある長めの板を、軽い人は浮力の小さい短めの板を選ぶと良いといわれます。

ですが、初心者であれば、少し短めの「身長から、-10㎝~-15㎝」の板がお勧めです。

スキーの板は、短くなるほど操作が楽になります。

その代わり、スピードが出たときに安定感がなく、板が暴れて転びやすくなったりします。

逆に、板が長くなるほど板の操作は難しくなりますが、スピードが出たときに安定して滑ることができます。

滑るスピードがゆっくりで、スキー板を操るのも不慣れな初心者は、少し短めの板を選ぶのが楽しめるポイントです。

それぞれ何が違う?スキー板メーカー別おすすめポイント

オガサカ

スキー板の定番といえば、オガサカです。

スキースクールなどでも、よく使われるので初心者向けのイメージが強いオガサカですが、性能や滑りやすさから評価はとても高いスキー板です。

オガサカのスキー板は、プレチューンが施されているので、購入してすぐに滑ることができます。

また、スキー場によっては、オガサカの来期モデルの試乗会をやっているところもあるので、WEBサイトなどで調べて、試してみるのもいいかもしれません。

オガサカのWEBサイトはこちら

https://www.ogasaka-ski.co.jp/

SALOMON(サロモン)

フランスの老舗メーカーです。

スキー用品だけではなく、アパレルなども展開しているのでスキーをやらなくても知っている人も多いはず。

おしゃれなデザインで、ビンディングとブーツも人気のメーカーです。

SALOMON(サロモン)WEBサイトはこちら

https://www.salomon.com/ja-jp

ATOMIC(アトミック)

アトミックは、オーストラリアにあるスキー用具のメーカーで、機能性に優れたスキー板を販売しています。

雪質を問わず滑れる特徴もあり、初心者から上級者まで、幅広く楽しめるスキー板を販売しています。

ATOMIC(アトミック)WEBサイトはこちら

https://www.atomicsnow.jp/ski

ROSSIGNOL(ロシニョール)

フランスの老舗スキーメーカーです。

フランスのメーカーですが、日本人の基礎スキー用のモデルも多く出しているので、日本人にも使いやすいと思います。

私の娘もロシニョールの中古品を使用していますが、滑りやすいのか初めてすぐに滑れるようになり、中級者コースもスイスイと滑れています。

ROSSIGNOL(ロシニョール)WEBサイトはこちら

http://grkk.co.jp/rossignol/index.html

K2(ケーツー)

アメリカにあるスポーツメーカーで、自転車などの用品も扱うメーカーです。

高品質で、パフォーマンス性が高いので、本格的にスキーをする人におすすめです。

販売価格も、高めに設定されているので、初心者にはあまりおすすめしませんが、技術が上がってきたけど、さらに上達したいという人におすすめです。

K2(ケーツー)JAPAN WEBサイトはこちら

http://www.k2japan.com/

スポンサーリンク

まとめ

スキーを始めたいと思ってみても、いざスキー板を前にしても何を選んでいいか悩んでしまいますね。

経験者の意見を聞くと、30年前から比べるとスキー板の性能もどれを選んでも格段に良くなっていると感じるそうです。

スキーを始めるにも、スキー板だけではなく、ウェアやブーツなどほかにも必要なものはたくさんあります。

個人的には、手軽に購入できる中古品や、価格帯の低いものから試して、まずはスキーを楽しんでもらいたいです。

何度も滑って上達してから、本当に気に入った板を選んでみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事