19歳になった皆さん、来年はいよいよ成人式ですね!

着物屋さんからのチラシもたくさん届いていると思います。

私も17・8歳の頃から届き始めて、「気が早すぎるよ!」なんて思っていました。

また、チラシを見て「こんなにお金がかかるの!?」と驚いたのは私だけじゃないはず…

  • いつ準備を始めたらいいか分からない!
  • できるだけ費用を抑える方法を知りたい!
  • 人生で一度きりの大イベントだから、絶対失敗したくない!

そんな皆さんは、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

スポンサーリンク

成人式の着付けやヘアメイクの予約はいつするの?

着物屋さんから届くチラシを見て、漠然と「この色の振袖が着たいなぁ」「こんな髪型にしてみたい!」と考えてはいるけれど、いつ・どうやって予約するかはまだ考えてない!という人も多いのではないでしょうか?

実は、振袖の予約は成人式を迎える2年半前、つまり高校三年生の夏にはもう始まっているのです。

この時期は新作の振袖がたくさん残っているので、

  • トレンドを押さえたイマドキな振袖を着たい!
  • 他の人が着ていない新しい振袖をレンタルしたい!
  • たくさんの種類の中から選びたい!

そんな人は、「まだ成人式のことなんて考えられない…」と思ってしまうかも知れませんが、後悔しないように高校生のうちから動き出した方が良いですね。

次に振袖の予約が増えるのが、成人式を迎える2年前の1月から3月です。

その年の成人式が終わり、レンタルされていた振袖が着物屋さんに戻ってくるため、選べる振袖が多い時期なのです。

大学受験がちょうど終わる時期、ということも、予約する人が増える理由のひとつでしょう。

また、成人式を迎える2年前の8月・9月も重要な時期になります。

なぜなら、新作の振袖を予約できる最後の時期だからです。

「新作の振袖を着たい!」と考えている方は、この時期を目安に振袖を探しましょう。

 

ここで、もっとも予約が多いと考えられる、成人式から1年前の1・2・3月を迎えます。

やはり成人式のニュースなどを見て、「早く予約しなきゃ!」と思う方が増えるのでしょう。

また、2年前の1〜3月と同じで、返却されてきた振袖がたくさんある時期でもあります。

注意したいのは、この時期で早期予約特典が終了することと、着付けやヘアメイクの当日予約が埋まり始めてしまうことです。

特にヘアメイクと着付けは、予約が取れなかった場合、深夜や早朝になってしまうケースもあります。

寝ずに成人式を待つなんて嫌ですよね…

着付けやヘアメイクはほとんどの場合、振袖の予約と同時にすることになります。

振袖を予約することで、着付けとヘアメイクの両方が無料になるキャンペーンもよく行われているので、チェックしてみてください。

トータルでいくらかかるの?節約する方法は?

成人式を迎えるにあたって、一番気になるのはやっぱりお金のことですよね。

衣装代や着付け代・撮影代などを全て含めると、少なくとも数十万円はかかってしまいます。

自分がこだわりたいポイントを押さえて、賢く費用を抑えましょう!

【振袖を購入する場合】

振袖を購入する場合は、安いもので10万円〜、相場は30〜40万円となっています。
高いものになると、数百万円から1000万円を超えるものもあります。

  • 将来自分の子供や孫に受け継ぎたい!
  • 卒業式や結婚式にも着たい!
  • 思い出として残しておきたい!

そう考えている人は、新しい振袖を購入することをお勧めします。

【振袖をレンタルする場合】

振袖のみをレンタルする場合は3〜10万円、小物や前撮り・ヘアメイクなども含めると、20〜30万円程度が相場となっています。

【前撮りにかかる料金】

前述したように、振袖を購入・レンタルするときに前撮り代も含まれていることがあります。

含まれていない場合は3〜8万円ほどが相場です。

様々なオプションを付けた場合には、10万円以上かかることもあります。

 

※早期予約特典のキャンペーンを利用することで、費用を抑えることが出来ます。
振袖の予約はできるだけ早めに済ませましょう。

スポンサーリンク

成人式のメイクはこれでバッチリ!参考画像特集

「成人式のメイクは自分でしたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか?

やっぱり自分が一番綺麗に見える方法は、自分が一番知っていますよね。

また、成人式当日は人手が必要になるので、あまり慣れていないヘアメイクの方も大人数のメイクを担当すると聞きます。

私の知り合いでも、「前撮りの時にしてもらったメイクが納得のいくものではなかったため、撮り直しをしてお金が余計にかかった」という人がいました。

失敗したくないのであれば、セルフメイクが安心かもしれません。

しかし、いつものメイクでは特別なイベントには相応しくありません。

そこで、和装にあうメイクのポイントをいくつか紹介します!

写真を撮るときは、目元の印象が薄くならないよう、アイメイクに力を入れましょう。

特に、アイラインをいつもよりしっかり描くのがポイントです。

また、骨格をはっきりさせるために、シェーディングとハイライトをしっかり入れましょう。

「ちょっと濃いかな?」というくらいが、写真になった時にちょうど良くなります。

リップは着物に合わせた色味にすると、バランスの良い仕上がりになります。

輪郭はしっかりとって塗るのがオススメです。

一生記憶に残るステキな成人式を!

成人式は人生で一度きりの大きな節目となります。

事前の準備を抜かりなく済ませて、後悔のない最高の日にしてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事