女性がシェービングをすると
肌がキレイになることを
知っていますか。

肌がキレイになる以外にも
肌にとって嬉しいご褒美が
たくさんあります。

今回は女性のための肌に嬉しい
シェービング方法とカミソリ負けも
怖くないアフターケアのポイントを
ご紹介します。

スポンサーリンク

シェービングは肌に嬉しいメリットがいっぱい!

シェービングにはカミソリ負けの
恐怖も吹き飛ぶほどの肌に嬉しい
メリットがたくさんあります。

ちなみに産毛を剃っても
毛が濃くなることはないので
安心してください。

ではシェービングには
具体的にどんなメリットが
あるのでしょうか。

  • 産毛と角質を落として明るい印象の肌に

シェービングをすると産毛と一緒に古い角質も落ち、
肌の基礎代謝力がアップします。

古い角質を落とすことで角質の下に隠れていた
新しい肌が出てきます。

この新しい肌こそ明るくツヤのある
キレイな肌です。

  • 化粧ノリが良くなる

新しい肌が出てくると肌の水分と油分の
バランスが良くなります。

すると、毛穴が目立たなくなる、
基礎化粧品が肌に馴染みやすくなるなど
総じて化粧ノリが良くなります。

また、ファンデが溜まりやすい産毛も
シェービングでなくなり、ベースメイクの
仕上がりの良さも格段にアップします。

  • 肌トラブル知らずのキレイな肌になる

古い角質を落として新しい肌を出すことで
肌サイクルが促進されます。

肌サイクルの促進はニキビなど
肌トラブルの予防にもつながります。

ただし高頻度のシェービングは
肌荒れの原因になるので1ヶ月
1度くらいの頻度で行いましょう。

参考元https://mery.jp/1024906

肌を傷めないために知っておこう!正しいシェービングのやり方とは?

シェービングで気を付けたいことの1つが
カミソリ負けです。

カミソリ負けやシェービング後の
肌トラブルを避けるための正しい
シェービング方法をご紹介します。

  1. 肌を柔らかくする

肌が乾燥しているとカミソリで肌が
ダメージを負います。

シェービング前に蒸しタオルや
スチームで肌を柔らかくしましょう。

おすすめは入浴後にお風呂で
シェービングをすることです。

  1. クリーム・乳液を顔に塗る

クリームや乳液を塗ることで
カミソリ負けを予防できます。

洗顔料や石鹸は成分で肌が
乾燥するのでできるだけ
保湿効果のあるクリームを
塗りましょう。

ちなみにニベアの青缶は
コスパが良く保湿もできて
おすすめです。

  1. シェービング

顔の上から下に向かって優しくシェービングします。

このとき間違えて眉毛や髪を
剃らないように1cm間隔を
空けましょう。

同じ場所をカミソリで何度も
剃ると肌が傷つくので1回で処理します。

  1. 保湿

シェービングが終わったら顔を
ぬるま湯できれいに洗って化粧水を
つけます。

シェービング後の肌はダメージを
受けやすいので低刺激のものや
アルコールフリーの化粧水を選んでくださいね。

化粧水を塗ったら乳液、クリームの順に
塗って肌を保湿しましょう。

参考元https://www.ururu-shaving.com/contents/face/kaosoricreamwoman160219.html

スポンサーリンク

ただ剃るだけじゃダメ!シェービング後はアフターケアが大事!

シェービングはアフターケアも大事です。

後処理をしっかり行うことで
肌トラブルを予防できます。

では具体的にどのようなアフターケアが必要なのでしょうか。

  • シェービング後は保湿のボーナスタイム

シェービングの後は古い角質と産毛がなくなるため
化粧水が肌に浸透しやすくなります。

化粧水を手に取ってなじませてから
顔全体にたっぷり塗りましょう。

保湿をサボると肌が乾燥して赤みが
出たり痒くなったりするので注意してください。

  • 肌を傷つけるゴシゴシ洗いはNG

肌の古い角質が取れる=肌ダメージが
大きくなるのでゴシゴシ洗顔・スクラブ入り
洗顔料・熱いお湯など肌の負担になることは
1週間避けてください。

また、十分に保湿して肌ダメージに
気を付けても赤みが出た場合は、
冷たいタオルなどで冷やして赤みを取ります。

  • 紫外線ダメージに要注意

産毛と古い角質には日差しを妨ぐ効果があり、
なくなってしまうと肌が直接紫外線ダメージを
受ける状態になります。

また、日焼けで肌が乾燥、赤み、シワ、ニキビが
出やすくなるので日焼け止めや日傘で紫外線対策をしましょう。

参考元https://oggi.jp/191266

 まとめ

正しいシェービングで肌サイクルを活性化!

シェービングは肌に良い影響を与えますが
方法を間違えると肌トラブルが増えてしまいます。

肌をキレイにするためには保湿と
肌ダメージを減らすことが重要です。

正しいシェービングでキレイな肌作りに励みましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事