サラリーマンにとって転勤はつきもので、いつなんどき単身赴任になるかもわかりません。

初めての単身赴任、準備をしないといけないものの、何を持っていけばいいのかわかりませんよね。

引っ越し先が家具家電付きのレオパレスなのか、普通の賃貸なのか、住む場所によっても準備するものが異なります。

そこで、急な単身赴任が決まり、何を準備していいのかわからない人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

単身赴任の準備は家具家電付きのレオパレスが便利?

急な単身赴任や短期間の単身赴任であれば、家具家電付きのレオパレスがおすすめです。

家具家電付きの物件とは、一般的に以下の物がついています。

・電子レンジ

・冷蔵庫

・洗濯機

・エアコン

・テレビ

・ちょっとした家具

・カーテン

・シャワートイレ

初の単身赴任となると、一から家具や家電などを一通り揃える必要があるため、結構なお金がかかります。

これらための出費って、結構家庭にひびきますよね。

またレオパレスは敷金、礼金なども無料になっているため、はじめにまとまったお金を支払う必要がなく、金銭的に余裕がない人にとってはありがたい物件といえるでしょう。

ただし、デメリットもあります。

一般的にレオパレスの部屋は一人暮らし用として提供をしていますので、自炊したいと思っている方には設備が少なく、キッチンもせまいため自炊をするには不満が残るでしょう。

またレオパレス物件の壁は非常に薄いとして有名です。ちょっとしたくしゃみでも隣に聞こえてしまうなど、防音設備は期待しない方がいいでしょう。

一人暮らしの女性にとってはちょっと不安かもしれませんね。

このように、レオパレスは引っ越しするための準備や手間を考えると非常に有効な物件と言えると思います。

しかし、通常の賃貸住宅と比べると家賃は高い設定になっているため、長く住もうと思うと通常の賃貸物件の方が安くなる場合もあります。

住む期間と、準備するモノをよく考えた上で、トータルで比較することをおすすめします。

単身赴任の人のベッド選びは?おすすめポイントはここ

単身赴任をする際に、どんなベッドを置くべきか悩む人も多いと思います。

単身赴任ともなると、一般的には昼間は誰もいなく、夜帰ってきて、朝出てくまでの間のため、部屋の換気もほとんどすることがないというのが普通ではないでしょうか。

部屋の換気をしないということは湿気がたまりやすいため、この点からも布団ではなく、ベッドにすることをおすすめします。

ではどんなベッドを選ぶといいでしょうか?ベッド選びのポイントは下記4つです。

・昼間はだれもいない

・掃除をするのが苦手

・短期間の単身赴任である

・奥様が定期的にきてくれるか

昼間は誰もいなく、換気をする時間がないという方は、スノコ製ベッドがおすすめです。

ベッド下は、寝汗による湿気が多く発生し、布団から生じるホコリも自然と溜まっていく場所でもあるため、ベッド下に十分な空間があり、通気性のいいスノコ製のベッドがおすすめなんです。

単身赴任期間が短いという方は、パイプベッドがおすすめです。

ベッドを置こうと思うと、ベッドの組立・据え付けまで一苦労です。ものによっては1時間もかかってしまうことも。

その点パイプベッドであれば、軽く、ドライバーと六角レンチさえあれば組立することができますので、非常に簡単に短時間で組立ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

単身赴任の準備、レオパレス物件についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

レオパレスは家具家電が一通り揃っていることを考えれば便利かもしれませんが、レオパレス物件といえでも体一つで生活することはできず、意外と揃えるものが多いですし、その点家賃も高く設定されています。

単身赴任の期間、自炊をするのか、住むために揃えるものなど、トータル的に考えた上でどこに住むかを決めてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事