ファンデーションといっても、種類も色も、たくさんの種類があります。

自分にあった、ファンデーションの種類や色が、どんなものか全部つけて試せたらいいけど、それは難しいですよね。

自分のお肌の悩みに合ったファンデーションの選び方を知って、理想の肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

どれを選んだらいい?タイプ別ファンデーションの違い

 

【パウダーファンデーション】

最も一般的で、誰もが一度は手にしたことのあるファンデーションだと思います。

粉タイプのファンデーションで、マットな感じに仕上がるのが特徴です。

また、手軽に持ち運べて、デザインの可愛いコンパクトで売られているので、持っているだけで気分が上がります。

脂性・混合肌の人、メイクに時間をかけられない人、可愛いコンパクトを持ち歩きたい人にお勧めです。

【リキッドファンデーション】

粉・オイル・水を配合したファンデーションの中で、水分が多く潤いがあるのが特徴です。

少量でも、薄くきれいに伸び、カバー力もあります

自然な、素肌感のある仕上がりになります。

乾燥の気になる人や、より自然な肌に見せたい人にお勧めです。

【クリームファンデーション】

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションと同じように、粉、オイル、水を配合して作られています。

リキッドファンデーションよりも粉の割合が多く、水分が少ないため、リキッドファンデーションよりも硬めなのが特徴です。

硬めで粉の分量が多い分、肌への密着度が強く、カバー力に優れています

シミやそばかす、アザなどを隠したい。しっかりとしたメイクで、長時間メイク直しをしたくない。という人にお勧めです。

【クッションファンデーション】

クッションファンデーションは、柔らかいスポンジに、あらかじめファンデーションをしみこませてあるファンデーションです。

リキッドのような仕上がりになりますが、パウダーファンデーションのように手軽に手を汚すことなく使うことができます

潤いのあるファンデーションなので、乾燥肌・混合肌の人にお勧めです。

また、下地やコンシーラーがなくとも、カバー力があるので時短でお化粧がしたい人にもおすすめのファンデーションになります。

【ミネラルファンデーション】

クレンジングの必要が無く、石鹸で落とせるほどお肌に優しいミネラルファンデーション

乾燥肌や敏感肌など、お肌にトラブルが出やすい人におすすめです。

粉っぽくなったり、肌が白くなりがちなので、下地などで保湿したり、コントロールカラーを上手に取り入れると良いでしょう。

隠したいものをしっかりカバー!ファンデーションをカバー力で比較

カバー力抜群 クリームファンデーション

水分が少なく、粉が多いため、硬めで重いクリームファンデーション。

水分も脂分も含んでいるので、肌への密着度も高く、カバー力は他のファンデーションに比べて、抜群です。

メイク崩れもしにくく、長時間メイク直しができない人にも、とても助かるクリームファンデーションですが、伸びにくいという点も。

厚塗りになりやすく、崩れてしまうと、メイク直しが難しいというデメリットもあります。

カバー力高め リキッドファンデーション、クッションファンデーション

リキッドファンデーションは、水分が多めに配合されているので、伸びも良く、カバー力は高めです。

お肌の悩みはカバーしたいけど、息ができないような重たい感じはイヤ。という方にお勧めです。

クッションファンデーションは、パウダーファンデーションのように軽い着け心地で、リキッドファンデーションのようにカバー力が高いのが特徴です。

手軽に持ち運べて、お化粧直しも手軽にできます。

カバー力はやや低め パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、粉タイプなので、肌への密着力が弱くなり、カバー力はやや低めです。

ただ、肌色補正の機能があり、赤身やそばかすをカバーしてくれたり、脂性肌の人なら、テカリを防いでくれるので、肌の赤身や脂浮きを気にしているひとには、オススメです。

時間があるようでしたら、ベースやコンシーラーで、お肌の気になるところをカバーすることができます。

パウダーファンデーションの軽さが気に入っているけど、と悩んでいる人は試してみるといいかもしれません。

カバー力より、肌へのやさしさ ミネラルファンデーション

粉っぽく、肌への密着力は少ないミネラルファンデーション。

カバー力よりも、敏感肌で、お化粧がなかなかできないという人にお勧めです。

それでもカバー力も欲しいという人には、リキッドタイプのミネラルファンデーションも出ているようです。

粉のモノよりも、肌への密着感も強くカバー力もあるので、お肌に優しくて、カバー力もあるものを選ぶなら、リキッドタイプのミネラルファンデーションもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

これまで、自分に合っているものが分からないから、何となくでファンデーションを選んでいたという人も、自分のお肌の悩みや、こんなお肌になりたいを叶えてくれるファンデーションを選ぶと良いかもしれません。

自分にあった、ベースメイクで綺麗な素肌美人を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事