スーパーで卵のセールをしていて、
購入したものの…なかなか使いきれない…。

そんな経験はありませんか?

1個当たりの金額を計算して、お得に購入したつもりが、
結局賞味期限ぎりぎりになって、毎日卵料理なんてこともしばしば…。

「さて、今日も卵使おうか」なんて考えながら
冷蔵庫を開けると、すでに賞味期限が切れた卵が…。

卵に当たると危険だなんて言うし、処分しようかな…。

いや、でも、もったいない。

もしかしたら、食べ食べられる方法があるかもしれない!

というわけで、賞味期限が切れた卵は
いつまで食べられるのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

卵の賞味期限が1週間過ぎてる!賞味期限切れでも火を通せば食べても大丈夫?

卵の賞味期限は、生で食べられる期限を表示しています。

食中毒防止の為、サルモネラ菌の増殖が起こらない期間を
基準に設定されています。

無菌状態でしっかりと殻に包まれていれば、
簡単に腐りはしません。

意外と日持ちの良い食品なのです。

また、新鮮・安全なものを食べられるように、
通常の日数で算出するよりも短い日数を
賞味期限として設定しています。

賞味期限が切れても、加熱をすれば、
菌が死滅するので、卵を安心して
食べられます。

注意が必要なのは、中までしっかりと火を通すことです。

半熟は危険なので、やめておきましょう。

では、いつまで食べられるのでしょうか。

1か月も賞味期限が切れた卵が食べられるのでしょうか。

さすがにそれは食べられません。

賞味期限が切れたらできるだけ早く
加熱して食べるようにしましょう。

卵は冷蔵庫で保存していると思います。

家庭の冷蔵庫保存で10日後ぐらいまでが、
ぎりぎり加熱しても食べられる目安です。

安全を考えて、1週間以内のものを
しっかりと加熱して頂きましょう!

買ったときには気づかなかった!ひび割れのある卵って食べても大丈夫?

せっかくなら、できるだけ新鮮な卵を買って、
調理したいですよね。

もし、卵にひびがあって、そこから菌が
はいって、食中毒になったら…。

そんな風に考えたら、できるだけきれいな卵を
買おうって思いますよね。

けれど、買った時には、ひびが見つからなくても、
家に帰ってひび発見…。

「え、もったいない!でも処分しなきゃ!」

って思ってしまいますよね。

ひびが入っても、白身が少し出ているぐらいであれば、
特に心配はありません。

黄身がでてくるようであれば、
処分しましょう。

ひびがあって、特に外に何も出てきていないような
状況であれば、問題はありませんが、
卵の殻は想像以上に汚れており、
清潔には保つことが難しいのも確かです。

卵のサルモネラ菌は10℃以上で増殖します。

その為、ラップをして冷蔵庫で保存しても
2日までが保存の限界です。

ひびがはいってしまっていたら、
早く使い切り、加熱して食べるか
処分するのが安全な方法です。

スポンサーリンク

まとめ

たまごにひびがはいってしまうと、処分しないといけないのでは?
と思ってしまいますよね。

もったいない精神が働いてしまうかと思います。

しかし、安全に食べるためには、清潔な状態で
食べることが一番なのです。

同じく、賞味期限が切れた後、
1週間以内であれば、加熱して食べられる
とご紹介しました。

しかし、こちらも安全に食べるためには、
表示された賞味期限を守ることが重要です。

卵は計画的に買い、賞味期限内に卵を消費できるか、
また、ひびがないか、傷つけずに持ち帰れるか、
慎重に考慮する必要があります。

料理にはかかせない食材ですので、
慎重に卵を購入するようにしましょう!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事