小さい頃は、昼寝することも多く、夜なかなか寝なくて困ってしまう 

ということもあるのでは。 

また、なかなか言葉が出てこなかったり、年齢よりも幼い言葉の使い 

まわしをしたり、周りの子供との言葉の発達の差も小さいころには 

目につくことってありますよね。 

つらい、子供の寝かしつけや、言葉の悩みに、絵本の読み聞かせが 

効果的かもしれません。 

普段は忙しくて子供達とゆっくり触れ合う時間の取れない、お父さんや 

お母さんも寝る前のひと時、絵本で子供と触れ合ってみてはいかがですか 

 

スポンサーリンク

まずは定番!昔から変わらない寝かしつけ絵本人気ランキング 

 

1.ねないこ だれだ 

「こんなじかんにおきているのは、だあれ?」 

よる遅くまで遊んでいる子は、、、 

ちょっと、怖いお話なのに、幼稚園でも保育園でも、いつも借り 

ことができないくらい人気の絵本。 

わが家でも、「とけいが なります」と読み始めると、慌てて子供 

たちが布団の中に飛び込んできました。 

怖いけど、聞きたい。 

わが家の寝かしつけ絵本 ナンバー1の1冊です。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AD%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%81%A0-%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%A0%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%A0%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC-%E3%81%9B%E3%81%AA-%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%93/dp/4834002187/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%AD%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%81%A0&qid=1587296946&s=digital-text&sr=1-1-catcorr 

 

 2.おつきさま こんばんは 

「おつきさま こんばんは」 

やさしい顔でほほ笑む、おつきさまに挨拶をしていると、

雲が出てきておつきさまを隠してしまいます。 

ゆったりとしたお話終わた後に出てくる裏表紙のおつきさま 

の表情が面白くて何度も「もう一回」とせがまれて読んだ絵本です。 

字が読めなくても、繰り返す読むうちに、本を暗記して一緒に読む 

ことができるくらい、大好きな絵本でした。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%93%E3%81%AF%E2%80%95%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%91%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%82%934-%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E9%A4%A8-%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC-%E6%9E%97-%E6%98%8E%E5%AD%90/dp/4834006875 

 

3.ノンタン おやすみなさい 

子供達に大人気。ノンタンの絵本。 

なかなか寝付けないノンタンが、夜の暗闇の中を外へと遊びに出ます。 

でも、ウサギさんも、ブタさんも、みんなもう寝る時間。

起きている、フクロウさんと遊ぶことにしたけれど・・・ 

夜も遊びたいのに、なんで遊んじゃいけないの?そんな子供の 

疑問に、一番わかりやすく答えてくれる絵本かもしれません。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84-%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3-%E3%81%82%E3%81%9D%E3%81%BC%E3%81%86%E3%82%882-%E3%82%AD%E3%83%A8%E3%83%8E-%E3%82%B5%E3%83%81%E3%82%B3/dp/4032170207/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3+%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84&qid=1587297085&s=books&sr=1-1 

 

4.そらまめくんのベッド 

そらまめくんのベッドは、白くてフワフワのわたのような素敵な 

ベッド。友達のえだまめくんや、グリンピースの兄弟たちも、 

ねむってみたいなぁ。というのですが、大切な大切なベッドを、 

絶対に貸したくないそらまめくん。ところが、そんな大切なベッドが 

ある日無くなってしまって・・・ 

そらまめくんの気持ちが変わっていく様子に、ほんわかと温かい 

気持ちになるお話です。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%BE%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89-%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%82%E5%82%91%E4%BD%9C%E9%9B%86-%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%82%84-%E3%81%BF%E3%82%8F/dp/4834016293/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2Y6HK7JBSIQMD&dchild=1&keywords=%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%BE%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88&qid=1587297615&s=books&sprefix=%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%BE%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AE%2Cstripbooks%2C283&sr=1-1 

 

5.おやすみなさい おつきさま 

こうさぎが、ベッドに入って眠ろうとしています。 

でも、なかなか眠れなくて、お部屋の中の色々なものに、

「おやすみなさい」とつたえていきます。 

「おやすみなさい カーテン」「おやすみなさい まくら」と、 

繰り返し「おやすみなさい」を聞いているうちに、自然と気持ちよく 

眠くなってしまいます。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%95%E3%81%BE-%E8%A9%95%E8%AB%96%E7%A4%BE%E3%81%AE%E5%85%90%E7%AB%A5%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%83%BB%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%B1%8B-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3/dp/4566002330/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2Y9RKXT6IXWA2&dchild=1&keywords=%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%95%E3%81%BE&qid=1587297652&s=books&sprefix=%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84%2Cstripbooks%2C372&sr=1-1 

 

6.もう ねんね 

いぬもねんね、ねこもねんね、めんどりも、ひよこも・・・ 

ねむたい動物たち、あくびする様子に聞いている子供達も、

だんだん眠りに誘われていきます。 

やさしい絵と、ゆったりとした繰り返しのリズムで、自然と

こどももあくびがでてきて、眠たくなってきます 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%AD-%E6%9D%BE%E8%B0%B7%E3%81%BF%E3%82%88%E5%AD%90-%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E6%9C%AC-%E6%9D%BE%E8%B0%B7-%E3%81%BF%E3%82%88%E5%AD%90/dp/4494001031/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%AD&qid=1587297678&s=books&sr=1-1 

 

7.よるくま 

おやすみ前のベッドの中で、男の子がお母さんに話をしています。 

「ママ あのね…… きのうのよるね うんとよなかに かわいい 

こが きたんだよ」 

男の子のところにやってきたのは、「よるくま」 

お母さんがいなくなっちゃったから、探しに来たみたい。男の子は、 

よるくまと一緒に、お母さんを探しに行きます。 

最後に登場する、よるくまのお母さんの、大きいこと。その 

なんでも包んでくれるようなお母さんのやさしさに、子供たちも 

自分のお母さんに包まれる安心感を感じながら、眠りにつくの 

でしょう。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%8F%E3%81%BE-%E9%85%92%E4%BA%95-%E9%A7%92%E5%AD%90/dp/4033312307/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%8F%E3%81%BE&qid=1587297710&s=books&sr=1-1 

 

8.いいこ ねんね 

「さるの母さんうたいます。いいこ、ねんね。いいこ、ねんね」 

お母さんに抱かれて、子ザルは安心して眠りにつきます。子イヌも、 

歌うお父さんにピタッとくっついて、安心して眠ります。 

繰り返しのリズムで、心地よく眠りを誘う絵本です。 

いいこ、ねんね。いいこ、ねんね。のリズムに誘われて、子供達も 

だんだんと目が閉じてきます。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%93-%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%AD-%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93-%E5%86%85%E7%94%B0-%E9%BA%9F%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4494003476/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%AD&qid=1587297739&s=books&sr=1-1 

 

9.パパ お月さまとって 

ある晩、モニカはお月さまがとても近くに見えて、お月様と遊びたく 

なりました。お月様の方へ手を伸ばしますが、届きません。そこで、 

パパに「お月様とって!」とお願いします。 

パパは、お月様を取りに行きますが… 

とってもとっても大きなお月さまが、小さく小さくなっていく。 

お月さまの高さや、大きさがしかけ絵本でスケールも大きく表現 

されています。 

お父さんに読んでほしい絵本です。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%91%E3%80%81%E3%81%8A%E6%9C%88%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/4033282807/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%B1%E3%81%B1+%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6&qid=1587297779&s=books&sr=1-2 

 

10.どんなにきみがすきだかあててごらん 

ウサギの親子が、寝る前に、お互いのことがどれだけ好きかを言い 

合うという素敵なストーリー。 

チビウサギが、「これだけ好き!」と小さな両手を広げても、 

デカウサギに「これだけ!」と同じように手を広げられると、かない 

ません。 

どうやったら、こんなに好き!が伝わるのかを、チビウサギが一生 

懸命考えるのが、かわいらしくて心温まる一冊です。 

子供たちが大きくなってくると、だんだん叱ることが増えてきて、 

好き!と伝えることは少なくなってきてしまいます。お母さんも 

好きだよ。という気持ちを込めながら、絵本を読んでみてください。 

子供たちも、安心した気持ちで眠りにつくことでしょう。 

https://www.amazon.co.jp/372/dp/4566003418/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1442484080&sr=8-1&keywords=%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AB%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%99%E3%81%8D%E3%81%A0%E3%81%8B%E3%81%82%E3%81%A6%E3%81%A6%E3%81%94%E3%82%89%E3%82%93&tag=vc-1-422-22&linkCode=ure 

 

 

近年注目度上昇中!子供の知育にもバッチリな寝かしつけ絵本ランキング 

 

1.おやすみはたらくくるまたち 

はたらくくるまが大好きな、男の子にお勧めの絵本。 

昼間は、あっちこっち行き来して、ビルを建てたりと忙しく働いて 

いる、はたらくくるまも、日が沈んで一日の仕事が終わると、 

エンジンを止めて、アームを縮めて眠りにつく。 

大好きなはたらくくるまと一緒に、おやすみなさい。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%80%81%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%8F%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%A1-%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/4893257498 

 

 2.おやすみ ロジャー 

どうしても眠ることのできない、ウサギのロジャーが「あくびおじ 

さん」のもとを訪れます 

眠りを科学的に考え、心理学のテクニックを詰め込んだ、寝かしつけ 

のための絵本です。 

たった10分で寝た!というお母さんもたくさん。あっという間の、 

寝かしつけを体験してみては? 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%80%81%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-ebook/dp/B018K64QAA 

   

3.がたん ごとん 

「がたんごとん がたんごとん のせてくださーい」哺乳瓶が乗ります。 

その次は、コップとスプーン。その次は、リンゴとバナナ

その次は 

繰り返す、「がたんごとん」のリズムに、だんだんと気持ちよく眠り 

に誘われます。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%93-%E3%81%94%E3%81%A8%E3%82%93-%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E9%A4%A8-%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC/dp/4834002721/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%A8%E3%82%93&qid=1587297981&s=books&sr=1-1 

 

4.ちょっとだけ 

お姉ちゃんになった、なっちゃん。 

お母さんは、赤ちゃんのお世話で忙しそう。だから、なっちゃんは、髪を結ぶのも、牛乳を入れるのも、公園でブランコをこぐのも、 

自分でやってみます。 

そして、ちょっとだけ できました。 

でも、お昼寝したくなってきた なっちゃんは、どうしてもお母さん 

に甘えたくなってしまいます。 

お母さんに「ちょっとだけ、っこして……」というと、お母さんは 

 

2人目が生まれたときに、上の子に寝かしつけの絵本として読み 

聞かせました。 

お兄ちゃん、お姉ちゃんになることで、頑張る子供の切なさと成長を 

感じて、お母さんやお父さんが、つい涙してしまう作品です。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%A0%E3%81%91-%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%82%E7%B5%B5%E6%9C%AC-%E7%80%A7%E6%9D%91-%E6%9C%89%E5%AD%90/dp/4834022994/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%A0%E3%81%91&qid=1587299002&s=books&sr=1-1 

 

5.もうぬげない 

お母さんに、お風呂に入ろうと言われて、服を脱ごうとしたら、途中 

で脱げなくなっちゃった。 

ふくが ひっかかって ぬげなくなって、もう くらいたった 

のかしら。 

このまま脱げなかったらどうなる?でも、脱げなくたって、何とか 

なるんじゃない?もしかしたら、同じように脱げない子がほかにも 

いるかも? 

「ぬげない」をユーモアたっぷりに描く、とても楽しい絵本です。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%86-%E3%81%AC%E3%81%92%E3%81%AA%E3%81%84-%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%82%B1-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B1/dp/4893096095/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%AC%E3%81%92%E3%81%AA%E3%81%84&qid=1587299556&s=books&sr=1-1 

 

6.ぜったいに おしちゃダメ? 

おとうさん、おかあさんへ、ボタンをおすと たいへんなことが  

おこりますおこさまが ボタンをおさないように じゅうぶん  

ちゅういしてください。 

なのに、登場したモンスターのラリーが、誘ってくる。 

したら いったい どうなるんだろう。 

ちょっとだけ おしちゃいなよ。」「おしちゃおうか? 

おしちゃおう 

ラリーにせがまれて、ボタンを押すと… 

幼稚園の読み聞かせでも、大好評。たくさん笑って、楽しくなって 

すっきり!さぁ、おやすみなさい 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9C%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%AB-%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%A1%E3%82%83%E3%83%80%E3%83%A1-%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/4801400434/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%A0%E3%82%81&qid=1587299797&s=books&sr=1-1 

 

7.きんぎょが にげた 

丸くてかわいい「きんぎょ」が、金魚鉢から逃げちゃった。 

きんぎょは、どこに逃げたかな? 

お部屋の中に溶け込んで、隠れている「きんぎょ」を探そう。最後は… 

やっぱり、お友達と一緒がいいね。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%8E%E3%82%87%E3%81%8C-%E3%81%AB%E3%81%92%E3%81%9F-%E5%B9%BC%E5%85%90%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E4%BA%94%E5%91%B3-%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4834008991 

 

8.ぐりとぐら 

お料理することと、食べることが大好きな、野ネズミのぐりとぐら。 

ある日、森に出かけていくと、大きな大きな卵を見つけます。 

玉子焼きにしようか、目玉焼きにしようか、

悩んだ末に、カステラを作ることにしたぐりとぐら。 

でも、卵は大きすぎて持って帰ることができません。 

そこで、フライパンや材料を持ってきて、森で料理することに 

すると、カステラの甘い匂いに誘われて、やってきたのは森の動物たち。 

明るくて、優しいぐりとぐらのお話しに、温かい気持ちになります。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%90%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%90%E3%82%89-%E3%81%90%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC-%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%82%E5%82%91%E4%BD%9C%E9%9B%86-%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%82%8F-%E3%82%8A%E3%81%88%E3%81%93/dp/4834000826 

 

9.おとうさんはウルトラマン 

ぼくが 小さかったころ 人は、目に見えるものにとらわれ始め  

それを追いかけるようになっていた 

お金や物や地位や学歴…… 

しかしウルトラマンはちがった。ウルトラマンは、目に見えない 

けれど 確かなものをいつも追いかけていた、勇気と希望を、優しさ 

と思いやりを、そして愛を…。 

ウルトラマンが大好きだったお父さんに向けられた、お父さんの絵本。 

毎日、仕事で忙しくて、中々子供と触れ合う時間の取れないお父さん 

は、どうしても子供たちにとっては、お母さんの次という存在に 

なりがち。 

でも、お父さんはウルトラマン!家族のために頑張ってるんだ! 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AF%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93-%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%AB%E3%81%97-%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%82%84/dp/4052007336 

 

10.しろくまちゃんのほっとけーき 

しろくまちゃんが、お母さんと一緒に、ホットケーキを作ります。 

たまごを落としちゃったり、混ぜてるボールがくるくるして大変だったり。 

ホットケーキをやくと、「ぽたぁん どろどろ ぴちぴち ぶつぶつ やけたかな まあだまだ」 

フライパンの上で、変化していくホットケーキの様子が、わかりやすく書かれていて、

甘い香りが漂ってきそう。 

こぐまちゃんと一緒においしくいただきます。 

これを読んだら、明日は一緒にほっとけーきを、作りたくなっちゃうね。 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%91%E3%83%BC%E3%81%8D-%E3%81%93%E3%81%90%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93-%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%84%E3%81%BE-%E3%81%91%E3%82%93/dp/4772100318 

 

 

スポンサーリンク

まとめ 

 

 

今まで、子供たち4人の寝かしつけでたくさんの絵本読んできました。 

読んで。と、長い本を持ってこられて、読んでいる間に自分が 

眠くなってしまい、顔の上に本を落としたことも何度もあります。 

子供たちは、とにかく本が大好き! 

本の世界に夢中になります。 

だからこそ、寝かしつけで絵本を読んであげると、満ち足りた気持ちで、 

安心して眠りにつくことができるのでしょう。 

いつもは、あまり子供たち一人一人に時間を割いてあげられないので、 

毎晩1人1冊ずつ読んでいた時もありました。絵本を読んでいるとき 

だけは、その本が読みたいと持ってきた子が私の膝の上や寝ている 

私の隣を独占できる時間でした。 

上の子は、すっかり大きくなり、今は読んであげる子は1人か2だけ。 

でも、親子にとって、とても大切な時間だったと感じています。 

是非、寝る前のひと時に、寝かしつけだけではなく、親子の時間 

として、絵本を読む時間を楽しんでください。 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事