子どもが小学生で、友達との関わりが多くなって、なかなか子どもと過ごす時間を作りにくくなってきたので、何か子どもとコミュニケーションをとれる方法はないものかなぁ。

もし、お休みの日に子どもと一緒に朝食作りが出来たら楽しいかもしれない。

簡単で、材料も手に入りやすくて、時間がかからずしかも美味しいモノって何かないかな?

料理をお子さんと一緒にするのって、コミュニケーションをとる方法としては最適ですよね。小学校高学年になると、家庭科の授業で調理の勉強も入ってくるし、これがきっかけで、料理に興味を持ってもらえたら、今後定期的にお手伝いしてもらえるかもしれない...

なんてことを期待しながら、お子さんと一緒に朝食作りするための料理を考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

トースト×卵だけでできる朝食!

材料に何を使おうか...

朝食はパンが多いから、トーストを使って...

あとは、卵があるか。を使おう!

これだけで、何か出来ないかな?

こういうのは如何ですか?↓

◆フライパンエッグトースト◆

<材料>

食パン1枚、卵 1個、「AJINOMOTO オリーブオイル」 小さじ4、

水 大さじ1、塩 少々、粗びき黒こしょう 少々

<作り方>

①フライパンにオリーブオイル(小さじ2)を入れ、食パンの片面を、強火で1分半焼きます。

②食パンを裏返し、食パンの上に卵を割り、オリーブオイル(小さじ2)を入れます。

③水を入れ、フタをして弱火で3分半焼きます。

④フタを取り、弱火で30秒焼き、塩と粗びき黒こしょうをふって完成。

https://oliveoillife.jp/recipe/3354/ 出典(オリーブオイルライフ)

トーストと卵だけでも充分美味しいものができますね。

 

材料はトーストと卵と牛乳のみ

トーストに、卵、牛乳ときたら...

そう!「フレンチトースト」ですよね。

簡単だし、お子さんも大好きですよね。

ここでは、基本のフレンチトーストをご紹介しましょう。

 ◆とっても時短フレンチトースト◆

<材料>

牛乳 100ml、食パン 2枚、卵 1個、砂糖 大さじ1、バター 小さじ2、粉糖 適宜(お好みで)

<作り方>

①バットに卵と砂糖を入れてよく混ぜ、牛乳を入れ泡立て器で混ぜます。

②食パンを切り、①に片面ずつ1分30秒浸します。

③あたためたフライパンにバターを入れ、半分溶けたところで②を入れ、片面ずつ1分30秒間焼きます。

④器に盛って、お好みで粉糖をかけて完成。

https://www.meijioishiigyunyu.com/recipe/detail/204.html 出典(株式会社明治HP)

 

スポンサーリンク

トーストと卵とチーズでこんなアレンジ方

「トースト+卵」、「トース+卵+牛乳」ときたら、次に思い浮かぶ食材は...

チーズ」があった!

「トースト+卵+チーズ」の組み合わせって、何か美味しそうなものが出来そう。

◆簡単チーズエッグトースト◆

<材料>

食パン 2枚、チーズ 適量、卵 2個、マヨネーズ 適量、ブラックペッパー・パセリ(お好みで)

<作り方>

①食パンを縁取るように、マヨネーズで壁を作り、壁ができたら卵を落とします。

②スライスチーズなら、ナイフなどでカットしたものを黄身の周りに置きます。 ピザ用チーズの場合も黄身の周りに置きます。

③ブラックペッパーをのせます。

④トースターで6分から7分で完成です。

◆フライパンでたまごチーズトースト◆

<材料>

食パン 1枚、卵 1個、スライスチーズ 1枚、塩 少々、砂糖 少々、

ハム 1~2枚、牛乳 大さじ1、バター 大さじ1/2~1

<作り方>

①食パンを四角くくり抜きます。

②卵、塩、砂糖、牛乳をボウルに入れて混ぜます。

③フライパンを中火で熱し、バターを溶かして①を置き、その中に②を流します。

④③の上にスライスチーズとハムをのせます。

⑤くり抜いたパンをのせて、中~弱火で2~3分両面を焼いたら完成。

https://cookpad.com/recipe/3067273 出典(クックパッド)

https://gohanjp.com/posts/702  出典(GOHAN)

 

まとめ

トーストと卵などを使った料理って、もっともっといろいろ出来ると思うので、お子さんと試行錯誤しながら、新しいレシピを開発して、「うちの定番料理」にしちゃいましょう。

ちなみに、今回はご紹介しませんが、

「トースト+卵+チーズ+ハム」でクロックマダムになって、クロックマダムから卵を除けば、クロックムッシュになりますよ。

正式には「ベシャメルソース」などを使うので、簡単というわけにはいきませんが...

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事