ある日突然、茶色いおりものが出たら
とても不安に感じるものです。

原因が何なのか?もしかして何かの病気なのではないか?

ついつい悪いことで頭がいっぱいになってしまいますよね。

その不安を少しでも解消するために、おりものが教えてくれるSOSを
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

おりものが臭い・・・おりものの臭いで何が分かる?

まず、おりものとは何なのかご説明します。

おりものとは?

おりものは本来、膣内に存在する分泌液で

  • 膣内を綺麗に保つ自浄作用
  • 受精の手助け

などの役割があり、誰にでもおりものはあります。

特に月経前はホルモンバランスの関係で、
おりものが多くなることがあります。

では、臭いについて見ていきます。

  • 少し甘酸っぱいような臭い

こちらは特に問題はありません。

健康的なおりものは白色か透明で、
乾くと黄色や褐色になるのが特徴です。

  • おりものの臭いが急に強くなった

この場合はストレスの可能性が高く、
風邪をひいたときも臭いが強くなりやすいです。

私は、おりものに敏感で臭いがきつかった時、
産婦人科に行き、先生に
「最近、疲れがたまっているのかな?」
と言われたことがあります。

この時は、免疫力のせいだったのです。

疲れやストレス、体調不良が原因で免疫力が
低下すると雑菌の繁殖が増えてしまい、
おりものの臭いが強くなることがよくあるんです。

その時は異常なしと診断され、病院で
膣内洗浄をしてもらったら、
翌日にはすっかり治っていました。

  • 生臭い

これは、膣内に雑菌が溜まっていることが
多いといわれています。

菌は空気の少ない場所を好むので
タンポンを使っている方は一度使用を
やめたほうが良いと思います。

特に骨盤が冷えるとおこりやすいので、
このような場合は湯船にゆっくりつかるのがオススメです。

おりものが白色だったり茶色だったり・・・おりものの色で危険な色は?


おりものの色の変化は、特に体の不調を教えてくれます。

ここでは、おりものの色と体の症状を合わせてみていきましょう。

  • 量が多く、白くカスのようなポロポロとしたおりもの

症状;我慢できないほどのかゆみ、熱をもっている感覚

この場合、カンジダ膣炎の可能性があります。

カンジダ膣炎は、温泉でも移ることがあり、
疲れが溜まったりストレスが溜まると発症しやすいです。

  • 灰色っぽくさらさらしていて、魚の腐ったような臭い

症状;強いかゆみやツーンとした感覚

この場合、細菌性膣炎の可能性があります。

細菌性膣炎は性感染症と違って、健康体でも
細菌が増えて起こることもあります。

  • 泡状の黄色いおりもので強い匂い

症状;かゆみ、熱をもっている感覚、刺激感

この場合、トリコモナス膣炎の可能性があります。

ほうっておくと他の病気につながりかねないので、
早めに産婦人科でみてもらうことをおすすめします。

  • ピンク色、茶色で無臭、多少臭うことも

症状;とくになし

この場合は不正出血である事が多いです。

妊娠初期や分娩時の「おしるし」のときによく見られます。

妊娠していない場合は

  • 更年期
  • ストレス
  • 排卵期
  • 生理直前

など、ホルモンバランスの乱れから
不正出血が起きることが多いようです。

しかし、あまりにも続く場合は子宮がんや
良性腫瘍の場合があるので、早めに産婦人科で
診てもらうことをおすすめします。

参考元https://www.kobayashi.co.jp/brand/sarasaty/sp/orimono/type.html

スポンサーリンク

まとめ

おりものの異常は女性の体の不調をいち早く
教えてくれるものですが、あまり神経質になりすぎると
余計不調になることもあるので注意が必要です。

私は以前、温泉に行った翌日に茶色く痒みのある
おりものが出たことがあります。

その日は大型連休中で、婦人科が休診日で
どこも診てくれず、初めてだったので
ものすごく焦りました。

数日して診てもらった時に「カンジダ膣炎」
診断されたとき一番驚いたのが、温泉や使いまわしの
タオルからでも感染するということでした。

膣の病気=性病
というイメージでしたが、どこからでも感染するんですね。

それ以降は、おりものに異常があるとすぐに婦人科に行くようにしてます。

おりものは身体からのサインです。

なにか異常がみられたらすぐに病院に行くことをおすすめします。

この記事で、少しでも不安な気持ちが和らげば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事