チョコレート

男性への誕生日プレゼント。
手作りのお菓子をあげようと決めたものの
どんなお菓子が喜ばれるのかわからない、
普段使わない材料や
型を買わなきゃいけなかったり….

作るものによっては
いろいろ揃えないといけませんよね。

ここでは、プレゼントであげたら
喜ばれる手作りお菓子を紹介していきます。

手作りクッキーは、定番とはいえ、好評なお菓子です。
シンプルですが、クッキーをいれる袋など
可愛いものを選んで包装するだけでより男性には喜ばれます。

またマフィンや、ガトーショコラなども人気です。

甘い物が苦手な方にはチーズケーキなど、評判が良く、
中には和菓子が好き!という男性がいますので
男性の好みに合わせて選んでみましょう。

スポンサーリンク

誕生日プレゼントはこんな手作りお菓子を!

チョコレート2

手作りのお菓子をプレゼントしたいけれど
初めてで難しく、失敗して何回も作ったり….
出来れば、少ない回数で成功させたいですよね。
ここからは簡単な手作りお菓子を紹介していきます。

  • クッキー

手作りお菓子の定番のクッキー。
作る工程は、比較的簡単なので初めての方には
おすすめです。

材料3つで簡単!サクサククッキー
約30枚分

☆材料
小麦粉 170g
砂糖 50g
卵(卵黄のみ) 1個
バター 80g

☆作り方
バターは計量してラップに包んで常温に
戻しておきます。
(ラップの上から押すと簡単にへこむぐらい
柔らかく。)

卵も冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておきます。
小麦粉は計量しふるっておきます。

バターと砂糖を切りながら混ぜます。

3のバターの中に卵黄を2.3回に分けて
混ぜていきます。

4のバターに小麦粉を入れ、なじませます。
1つの塊になるまで混ぜていきます。

5の塊を2つに分けて、棒状にして
ラップに包み、冷蔵庫で一晩寝かせます。

冷蔵庫で保存していた生地を
6~7ミリほどに切り分けます。

170度でオーブンを余熱セット、余熱が終わったら
11分焼きます。
ただオーブンによって違うので
様子をみながら、焼いてくださいね。

焼きたてのクッキーは柔らかいので
オーブンから取り出して冷ましましょう。
冷めたらサクサククッキーの出来上がりです。

  • ガトーショコラ

ミルクチョコレートやダークチョコレートなど
チョコを使い分けることで甘いものが苦手な方でも
食べやすいガトーショコラが作れます。

材料が多かったり、作る工程が難しかったりするので
私でも簡単に作ることができた
「ガトーショコラ風カップケーキ」をご紹介します。

☆材料
ブラックチョコレート 1枚
砂糖         大さじ3
薄力粉        30g
ベーキングパウダー  小さじ½
卵          1個
バター        30g
ココア        15g

☆作り方
板チョコを適当な大きさに包丁で刻み
そのうち半分を耐熱ボールにいれます。

1にバターを入れ、600wの電子レンジで
40秒溶かします。

オーブンを200度に余熱にセットしておきます。
2に砂糖を加えて混ぜます。
混ざったらさらに卵を入れて混ぜます。

3に薄力粉、ベーキングパウダー、ココアを
一気にいれて粉っぽさが無くなるまで混ぜます。
混ぜたら残りのチョコを入れて混ぜ合わせます。

カップに入れて200度のオーブンで
約10~15分焼いて完成です。

誕生日プレゼントで彼氏がもらって喜ぶお菓子は?

チョコレート3

手作りが難しい!という方は
自分では買わないようなお菓子をプレゼント
するといいかもしれないですね。

男性は普段買わないお菓子をもらうだけでも
嬉しいと思います。

ここからは、男性がもらって喜ぶお菓子の種類をご紹介します。

チョコレートはミルクたっぷりのものからビターなものまで
味の幅が広く、形やデザインなども豊富です。
プレゼントには高級感のあふれるものが人気です。

ケーキも色々な種類があるので売れ筋です。
チーズケーキなどは甘いのが苦手な男性にも好まれるので
彼氏の好みに合わせたものが選びましょう。

クッキーやフィナンシェなどの焼き菓子は
日持ちがする上に個包装のものが多く
一気に食べられない男性におすすめです。

コーヒーとの相性もいいので、コーヒーが好きな
彼だともってこいですね。

スポンサーリンク

まとめ

男性はプレゼントをもらうだけでもとても
嬉しいものです。

手作りだとなおさら嬉しいことでしょう。

簡単なレシピしかご紹介していませんが
クッキーの型をハートにしたり、ココアを
加えたりすると、それだけでもとっても
凝った可愛らしいプレゼントになります。

彼氏の好みに合わせて手作りのお菓子を
プレゼントして喜んでもらいましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事