皆さん知育玩具をご存知でしょうか?

知育玩具とは、子どもが持つ好奇心・遊びに対する興味を刺激することで、
知能の発達や心の成長を促す目的で作られたおもちゃの事です。

知育とは、読み書きなどの「学習能力」のことではなく、
「思考」「判断力」「発想力」などといった
「知的能力」を育てることを言います。

知育玩具は「考える」「表現する」などの
論理的な思考と「感じる」などの感覚的思考を刺激し、
発達を促すことが期待されています。

現在、知育玩具は多数存在しています。

知育玩具は、子どもひとりひとりの成長ペースに合わせて
用意できるのが特徴です。

スポンサーリンク

頭と一緒に手先も鍛える!知育のための積み木遊び

知育に適したおもちゃは、昔懐かしい
積み木です。

積み木遊びによって、子どもは、五感を使い、
楽しみながら学ぶことができます。

単純なつくりだからこそ、遊び方も楽しみ方も
子どもの数だけありますね。

積み木によってどんな知育効果があるのかまとめました。

  • 想像力
  • 創造力
  • 表現力
  • 手先の器用さ
  • バランス感覚
  • 集中力
  • 思考力
  • 空間認識能力
  • 達成感

知育にも良い積み木ですが、大きさや素材がいろいろあり、
迷う方も多いでしょう。

選ぶ時にチェックすべきポイントは、
色・形・サイズ・素材です。



「カラフルなもの」「白木(色がついていない木目のもの)」
2種類あります。

「カラフルなもの」は小さい子どもや赤ちゃんにおすすめです。

積み上げた時や遊んでいる時に色が目印になり、
学ぶことができます。

「白木」は色がない分、自由に色を想像する、
つまり、色にとらわれず、より想像力を伸ばすことができます。

形・サイズ

形やサイズは、赤ちゃん向け、年中・年長さん向け、
小学生向けがあり、大きさも難易度も大きく異なります。

子供の年齢により、手の大きさや手先の器用さも違いますので、
掴みやすい大きさや対象年齢をチェックして、
お子さんに合った適正なサイズを選びましょう。

素材

小さい赤ちゃんは口に入れることもあり、
素材も重要なポイントになります。

名前の通り木でできたものが主流ですが、
コルクやお米などの素材でできたものもあります。



作られた木の種類によって違いがあります。

一般的にはブナ、他にもナラ、トチ、ホオなどが
多く使われています。

湿度の高さにも順応するので長持ちしやすく、
インテリア性も高いです。

お米

口に入れても害がなく、1歳未満の赤ちゃんでも
安心して遊ばせられます。

形も、角がなく安全性も高く人気です。

コルク

木製やプラスチック製に比べてコルクは軽いので、
高く積みあげたら、崩して遊ぶのが好き…というヤンチャな
お子さんにも安全です。

また、コルクの積み木は弾力があって掴みやすく、
滑りにくいです。

布・ゴム

月齢の小さな赤ちゃんには布やゴムを使った
柔らかい素材の積み木がおすすめです。

投げたりぶつかったりしてもケガをする
心配はありません。

また、水洗いができるものも多く、
衛生的に使えるのところも魅力のひとつです。

参考元https://smarby.jp/articles/84814

楽しみながら勉強する!知育のためのカードゲーム

日本では、カードゲームというとトランプやかるたが有名ですね。

最近では海外発の人気カードゲームも増え、小さな子どもから大人まで
楽しめるものがたくさん発売されています。

手軽に遊びながら学べるカードゲームは
どんな知育効果があるのか調べました。

  • 指先の器用さ
  • コミュニケーション能力
  • 忍耐力
  • 自制心
  • 協調性
  • 観察力
  • 倫理的思考
  • 問題解決能力
  • 達成感

カードゲームの紙をめくるという行為はゲームを
通して紙をめくる動作を何度も繰り返し、
指先が器用になると言われています。

また、簡単なルールのゲームから、ことばや
カードを記憶したり、流れを推理したりと
ゲームで頭を使い、ルールを学ぶことから、
知育に良いといえます。

楽しくあそびながら勝つために考えることや、
ゲームを進めてコミュニケーションする能力の
発達などの大きな効果があります。

では、子どもは何歳ごろにどのようなカードゲームが
ピッタリなのでしょうか?

3歳から小学生までの年齢ごとにゲームを
ご紹介します。

3~4歳

色や形を見分けるなどのシンプルなルールの
カードゲームがおすすめです。

最初のうちはお父さん・お母さんが少し手伝いながら
一緒にゲームをしてカードゲームの楽しさを学ばせます。

5~6歳

この年齢になると、手先も器用になり、ルールも
しっかり理解できる子どもが増え、先のことを
予測したり、かけ引きをしながら、
プレイができるようになります。

スピードを競うようなゲームや、ルールが
いくつかあるなどのカードゲームが盛り上がるでしょう。

小学生

ルールが複雑なカードゲームも遊べるようになったら、
本格的なゲームに挑戦するのもおすすめです。

この頃になると、一度ルールを覚えさえすれば、
大人が不在でも子どもだけでゲームを楽しむことが
できるようになってきます。

参考元https://my-best.com/1370

スポンサーリンク

まとめ

知育玩具を使うと、楽しく遊びながらも、
指先などのからだの動かし方、記憶力や思考は
もちろんコミュニケーション能力など幅広く
学ぶことができます。

もちろんそれぞれの個性、「好き・嫌い」、
「向き・不向き」などがあります。

嫌がったり興味を示したり、どちらにしても
無理強いすることは止めましょう。

そのお子さんに合った知育玩具が見つかると良いですね!

ぜひ、日常の遊びの中に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事