お盆やお正月になどの長い休みになると、実家に帰省する人はほとんどではないでしょうか。

その際に、帰省のお土産に悩んだことがありませんか。

定番のお菓子以外にはなにがいいんだろうか?いくらぐらいの手土産を購入しようか?
と悩んだりしていませんか。

毎年毎年の事ですし、かといって去年と同じものを購入していてもつまらないですよね。

そこで、今回は帰省の際に喜ばれる手土産についてまとめてみましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

帰省時の手土産で親戚に喜ばれるものはこれ

親戚と一言でいっても、いろいろです。

姉弟の家族、いとこ、叔父叔母など関係性はさまざまで、そこの家庭に合わせた手土産を考えてあげる必要があります。

まず選ぶ基準としては、家族構成、小分けされているのがいいのか、スイーツ系がいいのか、せんべいなどのお菓子系などがいいのか。

大まかに何系を選ぶのか、賞味期限はどれぐらいのものか適切か、地元の名産品などを選んだいいのかをまずは決めましょう。

姉弟などの子供がいる家庭では、ゼリーやジュースなどのスイーツ系が喜ばれます。

特にお盆などの暑い時期ではアイスやジュースなど特に喜ばれますよね。

ご年配夫婦の家庭であれば、佃煮などのご飯のお供系が喜ばれます。

ただし、量にはご注意ください。多すぎると食べきれずに残ってしまいます。

その場合は1ランクいいのを選んで、量が少ない物を選ぶといいでしょう。

次に何件にお土産をお渡しするかです。

特に田舎の方のお家では親戚づきあいも多く、久しぶりに田舎に帰ると、どうしても手土産が増えてしまいますよね。

そんな時は、あそこのお宅はこれが好きだからとか、あそこのお宅はお子さんがいるからとか、1件づつ好みのものを選んでいてはキリがありません。

その際は同じ物を選ぶようにしてください。

そうすれば悩む必要もありませんし、どこに渡したのかわからなくなることも防ぐことができますよ。

帰省時の手土産の予算はおいくら?

次に気になるのは予算ですよね。

いったいいくらぐらい手土産を購入すればいいのでしょうか、毎年のことですし、あまりにも高価すぎても逆に迷惑をかけてしまうことになります。

結論からすると、1000円ぐらいが相場ですが、高くても3000円ぐらいの物を選ぶようにしてください。

高いものが喜ばれるわけではなく、高すぎると逆に気を使わせてしまいます。

では、次にみなさんはお土産を選ぶ基準はなんでしょうか。

1位:味
やっぱりもらった時のことを考えて美味しいものがいいに決まってますよね。

2位:価格
あげる方ももらう方気になるのが価格ですよね。もらった方ももらった時にあまりにも高価すぎると、驚いてしまいますし、上げる方もなかなか高すぎても手がでませんよね。

3位:見た目
味も重要ですが、やっぱり見た目の良さも重要ですよね。見た目がいいともらった時に「おいしそう」って思ってもらえますしね。

上記の順位を参考に、あまり高くならないお土産を選んでください。

スポンサーリンク

まとめ


帰省の時に持っていく手土産についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

仲のいい親戚であれば気兼ねなく渡すことができますが、普段からほとんど会わないような親戚であれば、何をあげようか余計に悩んでしまいますよね。

予算は1000円~3000円以内を目安に選ぶようにしてください。

毎年のことだから定番品だと余り喜ばれないかもと、逆にひねってしまうと喜ばれないこともありますので、確実な名産品などを選んだ方が無難です。

何を渡していいか悩んでなかなか決まらない時は、両親などに「こんなものを考えているんだけど・・・」ということ聞いちゃった方がいいものを選べたりしますよ。

どうせ渡すならお互い気持ちよくなりたいもんですね。
この記事を参考に素敵なお土産を選んでください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事