ミルク1

 

産後すぐに直面する「母乳or粉ミルク」問題。

確かに母乳が良いけど・・・

「早めに保育園へ入れる予定だから
粉ミルクにも慣れさせとかなきゃ!
ってお母さんは多いですよね。

私もそうでした。

粉ミルクも色々種類があり、どれにしたらいいか悩みどころ。。。

それぞれどんな特徴があるのかを調べてみました!

スポンサーリンク

赤ちゃんが飲むから気になる・・・気になる粉ミルクの内容成分

ミルク2

 

赤ちゃんのからだを作るものだから妥協したくない!
粉ミルクを選ぶ上で含まれている成分は
とっても気になりますよね!

代表的な6種類の粉ミルクで成分比較してみました!

入っていたり、入ってなかったり・・・

この成分は必要?不要?何がどうイイの??

表

 

 

 

 

 

 

それぞれの成分の効果は次のとおりです。

葉酸:神経管の先天異常の発症リスク軽減

DHA:学習能力の向上、ストレス緩和、
乳幼児の脳や神経の発達、抗アレルギー作用、ン同能力向上など

ヌクレオチド:小腸の働きの促進、DHA補助

タウリン:新生児の脳や網膜の発育を助ける

オリゴ糖:ビフィズス菌を増やす、整腸作用

β‐カロテン:抗酸化作用、免疫向上、がんリスク低下

シスチン:抗酸化作用、傷の治癒促進、がんリスク低下

ラクトフェリン:赤ちゃんを病気から守る

アラキドン酸:脳神経細胞の生育に効果がある

ラクトアドへリン:感染症予防

シアル酸:免疫力を高める、美肌、育毛促進

となっています。

 

次にメーカー別に比較します。

  • 明治 ほほえみ 800

粉ミルクランキングでもいつも上位に食い込んでいる
明治の「ほほえみ」

私の場合、産院が「ほほえみ」を使用していたのでこの一択でした。

脳の神経細胞の生成に効果があるとの研究結果が出ており、
発育に非常に大切な「アラキドン酸(ARA)」が
含まれているのが大きな特徴です。

明治では母乳に少しでも近づけたいと、
4,000人以上のママの母乳を研究、
200,000人以上の赤ちゃんの発育調査を
40年以上続けているそうです。

その結果か、うちの子も「ほほえみ」をがぶ飲みでした。

価格は中の上といったところでしょうか。

ドン・キホーテでは大抵は1人2缶まで
お買い得に購入できます。

https://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%B2%BB-%E3%81%BB%E3%81%BB%E3%81%88%E3%81%BF-800g/dp/B0116PPVTM

  • 森永乳業 はぐくみ 810

実際に通うことになった保育園が「はぐくみ」を
使用していました。

正直「ほほえみ」と「はぐくみ」って
一瞬どっちがどっちか分からなくなる・・・

こちらも「アラキドン酸(ARA)」が含まれ、
新生児を守る「ラクトフェリン」も
含まれているのがポイント!

出産後4日~5日以内の母乳に含まれる
「ラクトフェリン」ですが、
粉ミルクに配合することで
母乳中の「ラクトフェリン」が薄まっても
病気から体を守る効果が期待できそうです。

うちは自宅では「ほほえみ」を飲ませていましたが、
保育園では嫌がらずに「はぐくみ」を飲んでいました。

https://www.amazon.co.jp/%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E4%B9%B3%E6%A5%AD-%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E3%81%AF%E3%81%90%E3%81%8F%E3%81%BF-%E5%A4%A7%E7%BC%B6-810g/dp/B00JWK4K6O

  • 雪印メグミルク ぴゅあ 820

お母さんが配合してほしい母乳成分1位~5位を
すべて網羅しているのが特徴!

感染予防が期待できる「ラクトアドへリン」が
100gあたり50㎎も含まれており、
母乳により近いミルクになっています。

独特な鼻をつくような匂いと、
溶けにくいと感じることがありますが、
価格を企業努力により抑えているので
私としてはポイントが高い!

価格が低くるすため広告宣伝費を削っているのか
認知度が低く、人気がないよう・・・

上の表にはありませんが、
「アルギニン」という筋肉増加、骨の強化、
病気への抵抗力上昇、精神の安定などの
効果が期待できる成分が配合されているのは
「ぴゅあ」だけです。

安くて配合成分も満足です。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF-K0G7-%E9%9B%AA%E5%8D%B0%E3%83%A1%E3%82%B0%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%B4%E3%82%85%E3%81%82-820%EF%BD%87/dp/B00X9TPZFY

  • ビーンスターク すこやか 800

脳の発達に働きかける「ガングリオシド」
新生児の免疫機能を強化し感染を予防する「シアル酸」
免疫機能や記憶力向上に役立つ「リボ核酸(RNA)」
アトピー性皮膚炎やアレルギー体質予防や改善「αリレノン酸」
などの特色のある成分が配合されているのがポイント。

感染症が気になる寒い季節などは飲ませてみても良いかも。

甘すぎず母乳に近い味で、赤ちゃんがゴクゴク飲んでくれると好評。

粉も溶けやすく哺乳瓶の底に粉が溜まる心配はなさそう。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF-KOD1-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%99%E3%81%93%E3%82%84%E3%81%8BM1-%E5%A4%A7%E7%BC%B6-800g/dp/B00G8R6XXW

  • アイクレオ バランスミルク 800

バランスのとれた栄養素と味が人気のミルクです。

便が出やすいようにビフィズス菌とガラクトオリゴ糖を配合し、
たんぱく質とミネラル量は乳児でも吸収しやすいように調整、
乳脂肪を除去し、母乳に近い脂肪酸組成になっています。

まさにバランスミルク!

「アイクレオ」にしたら便通が良くなったとの口コミ多数!

ミルク太りもあまりなく、
母乳に近く安心して飲ませられるとのこと。

ただ「アイクレオ」については値段が高いイメージ、
これだけ配合成分を調整しまくりなら高くなるかぁ~。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-800g/dp/B00UWEMPUM

  • 和光堂 はいはい 850

「はいはい」は母乳だけで育てたい!ってお母さんも
手に取るくらい母乳に近い成分!

成分の配合に気を遣い、「ラクトフェリン」も配合し、
たんぱく質の量を調整しています。

とにかく母乳に近づけようと努力した粉ミルク!

甘すぎず母乳との混合にも適しているのが嬉しい。

内容量が850gと比較的安く、ふところにも優しい!!

成分内容やほかの口コミを調査した結果、
安心して赤ちゃんに飲ませられると思います。

溶けにくい、安い、と逆に心配との声も
ありますが、成分も価格も申し分ないので
どこを重視するかです。

https://www.amazon.co.jp/%E5%92%8C%E5%85%89%E5%A0%82-LXO11-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%84-850g/dp/B001INZG1G

総合的に見て成分的に優秀なのは「すこやか」かなぁ~

ただ脳の発達を重視するなら「ほほえみ」
「はぐくみ」「はいはい」もいいかも。

「アイクレオ」や「ぴゅあ」も身体の発達には期待できそう、
価格重視なら「ぴゅあ」と「はいはい」だよね。

「アイクレオ」と「はいはい」は
母乳との混合にも適しているみたいです。

ぜーんぶ入った粉ミルクがあれば良いんだけどね(笑)

ぜひ一番適したミルクを選んでみましょう♪

お出かけに便利は粉ミルク&持ち運びグッズ

ミルク3

 

赤ちゃんと一緒のお出かけは、とにかくたいへん!

オムツに着替えに・・・ミルクの準備!
ミルクに必要なのは、

  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶
  • お湯
  • 湯さまし

です。

て、どうやって持ち歩くの?と思われるでしょう。

こちらでは、持ち歩きに便利なもの、
わたしが実際に使ってみて良かったものをご紹介します!

持ち運びに便利なキューブミルク

ミルク4

 

 

 

 

 

「ほほえみ」から出ているキューブ型の粉ミルクは
小分けパックになっていて持ち運びも簡単。

もしもの時の為にバッグに忍ばせておくと安心。

ひとつのキューブで40mlになり、
図らずに簡単に作れちゃいます。

半分に割ることもでき、20mlや60mlも作れますよ♪

粉に比べ溶けにくい印象ですが、粉をこぼさず
便利だったので愛用していました。

特におじいちゃん、おばあちゃんは
スプーンで数を数えるのが嫌だと
キューブばかりを使っていました。

粉より割高なので普段使いは粉にしてほしかったですね(笑)

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90Amazon-co-jp-%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91%E6%98%8E%E6%B2%BB%E3%81%BB%E3%81%BB%E3%81%88%E3%81%BF-%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96-27g%C3%9748%E8%A2%8B%E5%85%A5%E3%82%8A-%E6%99%AF%E5%93%81%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B012SG0VLG

さっと入れるだけのスティックタイプ
「はいはい」や「はぐくみ」、「アイクレオ」などの
スティックタイプは持ち運びにも便利で
さっと哺乳瓶に入れることが出来るので楽ちん。

キューブのような溶けにくさも無くお家と同じように使えます。

3メーカーとも1袋100mlなのでキューブと違い
量の調整が出来ないのがデメリット。

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%B2%89%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_1

 

また、「ほほえみ」から液体ミルクが発売されています。

液体ミルクが話題!

ミルク5

 

 

 

 

なんと1年間保存できちゃう!!

必要な時に哺乳瓶にそそぐだけでお手軽、
1缶240mlで食いしん坊赤ちゃんでもOK。

割高なのが気になりますが、画期的です。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%8F%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-240mL-0%E3%83%B5%E6%9C%88%EF%BD%9E1%E6%AD%B3-%E6%B6%B2%E4%BD%93%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-%E4%B9%B3%E5%85%90%E7%94%A8%E8%AA%BF%E6%95%B4%E6%B6%B2%E7%8A%B6%E4%B9%B3/dp/B07QPSGF3G

「アイクレオ」からも紙パックの液体ミルクが出ています!

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA-%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-125ml%C3%9712%E6%9C%AC%E5%85%A5%E3%82%8A-%E5%B8%B8%E6%B8%A9%E3%81%A7%E9%A3%B2%E3%82%81%E3%82%8B%E6%B6%B2%E4%BD%93%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-%E3%80%900%E3%83%B5%E6%9C%88%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%91/dp/B07PKXM246

「ミルカ―」は無敵!

先に紹介したキューブやスティックタイプは
個包装になっている分割高なんですね~。

経済的なのはミルカ―に一回の量を入れて持ち歩くこと。

結局私もミルカ―を使っていました。
■3層ミルクストック

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-%E9%9B%A2%E4%B9%B3%E9%A3%9F%E4%BF%9D%E5%AD%98%E5%AE%B9%E5%99%A8-%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E7%B2%89%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%AE%B9%E5%99%A8-3%E5%B1%A4%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B07KK57682

では、哺乳瓶はどうかというと、
私はプラスチックの軽い哺乳瓶を持ち歩いていました。

乳首の部分が汚れないキャップ付き。

■ピジョン 母乳実感哺乳瓶 240ml

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-Pigeon-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E8%A3%BD-%E4%BB%98%E5%B1%9E%E3%81%AE%E4%B9%B3%E9%A6%96%E3%81%AF3%E3%83%B5%E6%9C%88%E9%A0%83%E3%81%8B%E3%82%89-%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E8%82%B2%E5%85%90%E3%82%92%E7%A2%BA%E5%AE%9F%E3%81%AB%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%99%E3%82%8B%E5%93%BA%E4%B9%B3%E3%81%B3%E3%82%93/dp/B01CCLD8YO/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%93%BA%E4%B9%B3%E7%93%B6+%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3&qid=1562077342&s=baby&sr=1-4

衛生面を気にする人には使い捨て哺乳瓶があります!

この哺乳瓶は防災セットに入れておくと安心!

「もしもの時に役立つハズ!」
と思って防災セットに入れたまま
ミルクの時期が終わろうとしています(笑)

備えあれば憂いなしですよ!

■クロビスベビー ステリボトル

https://www.amazon.co.jp/Clovis-Baby-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC-%E6%B6%88%E6%AF%92%E4%B8%8D%E8%A6%81%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%8D%A8%E3%81%A6%E5%93%BA%E4%B9%B3%E7%93%B6-%E7%BE%8E%E4%BA%BA%E5%AE%B6%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB/dp/B07DVJYW5H/ref=sr_1_1_sspa?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%93%BA%E4%B9%B3%E7%93%B6+%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%8D%A8%E3%81%A6&qid=1562077317&s=baby&sr=1-1-spons&psc=1

お湯は熱いまま持ち運びたい!ですよね!

保温できるボトルが良いのですが、重くなりがち、
実際はミルクが溶けさえすればOK。

そんなにたくさんのお湯はいらず
コンパクトなボトルがおすすめ!

■日本最小 POKETLE
https://www.makkyon.com/2018/12/02/loft-poketle/

この機会にかわいいマイボトルを買っちゃうのもあり!

ミルク期間が過ぎたら、そのボトルは“マイボトル”に!
ちょっとカワイイボトルでも良いかも。

重さわずか約180gの超軽量!

■ボトル軽量シリーズAB 480ml

https://item.rakuten.co.jp/eclity/dss-abfb480-/

出先で湯温の低下を感じたら・・・

ボトル用の保温バッグに入れることをおすすめします。

■UGM保温冷ボトルカバー

https://item.rakuten.co.jp/yellowstudio/34121/

これでいつでもしっかりミルクを溶かせて安心。

湯冷ましは常温保存の容器で・・・
お湯よりたくさん必要なのは湯冷まし。

私は哺乳瓶と同じトライタン素材のボトルを使っていました。

見た目もかわいいし、色々なところに引っかけられるのがポイント、
ベビーカーにぶら下げることもできるので便利です。

■ビッテ ドロップボトル 500ml

https://www.amazon.co.jp/biite-db50_005-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%86-%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB-500ml-%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8/dp/B00JD554BS

 

ミルク6

 

 

 

 

最近ではお湯や湯冷ましを用意している施設も多く
お出かけ前にチェックしていくといいですね!

スポンサーリンク

まとめ

粉ミルクを比較してみると
思ったより成分が違い驚きました。

大切な赤ちゃんの身体をつくるものだから
慎重になっちゃいますよね。

気になる粉ミルクはまず試してみることです。

味も違うので赤ちゃんの好みで
選んでもらうのもひとつの手です。

粉ミルクを使って楽しい子育てをしましょう♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事