笑顔には人の心を変える魔法がある 

このように思ったことはありますか? 

 

人と話をする時に時折笑顔を見せながら 

爽やかな雰囲気を伝えられると自分も 

爽やかな気分になり明るくなりませんか? 

 

笑顔が素敵な人は笑顔を作るポイントを理解した上で相手笑顔にしています。 

 

その一方で 

 

笑顔も少なく元気のない雰囲気を伝えられると自分も元気がなくなり暗い気持ちになりませんか? 

 

笑顔があるかないかでこのように印象が変わってしまうんです 

 

笑顔がないだけで印象が良くないという人もいます。 

 

普段から人と話す機会の多い人ほど、笑顔をどうしたら上手に作れるか悩んでいるのではないかと思います。 

 

笑顔を作れない自分を変えて笑顔を上手に作れるようになりたい! 

 

今回は上手に笑顔を作れるポイントを紹介しながら、笑顔を自然と出せるコツを探っていきましょう! 

 

スポンサーリンク

どうしてもぎこちない···笑顔がひきつる原因は? 

 

 

 

笑顔を作ろうと思っても、なかなか上手くいかなかったり、顔がひきつったりして気がつくとおかしな顔になっていて、 

思わず苦笑いしたことはありませんか? 

 

実は様々な原因があります。 

 

・笑顔を作るときに顔がこわばる。 

 

原因としては頬に縦についている表情筋に力が入っていることが考えられます。 

表情筋に力が入っていると、口角があがりずらくなります。 

 

・口角だけを無理に上げようとしている 

 

原因としては表情筋を上手く使えずに 

口角(唇の端)だけ無理に上げようとする 

ため、口の形が不自然になり、笑顔を作りずらくなります。 

 

・笑顔を作ろうと強く意識をしすぎている。 

 

原因としては、自分の意識の中に笑顔を作ろうと強く働きかけてしまい、却って 

緊張してしまい、不自然な笑顔になっていることがあります。 

 

この3つの笑顔がひきつる原因の中に 

該当するものはありましたか? 

 

 

実は私も笑顔を上手く作ることは苦手です。 

 

人から「笑顔が足りない」と言われた事もあり、鏡を見ながら確認したこともあります。 

 

力を入れて口角を上げてみたり、 

 

顔全体に力を入れて変な顔になってしまったり 

 

自然な笑顔の作り方がすっかりわからなくなっていました。 

 

私の場合、笑顔を上手く作れずに悩んでいるときは、鏡を見ても笑顔は不自然になっていました。当時は精神的に笑顔を作ることに躍起になっていました。 

 

今、振り返ると悩みすぎた事が原因で、顔の筋肉がこわばってしまい、 

心理状態として緊張しすぎていたからだと思っています。 

 

笑顔の作り方は後述しますが、 

とにかく意識をしすぎると、間違いなく笑顔は作れません。 

 

表情筋が使えなかったり、口角が不自然になることも全てが 

     笑顔を作らなくては 

という間違った意識の持ち方が原因であり、自分で自己暗示をかけすぎているからです。 

 

ではちがった考えとして 

     笑顔を作ろう 

そう思ったとしても効果はあまり変わりません。 

 

同じように笑顔は不自然になります。 

意識を変えるだけでは解決しない。 

 

どうすれば良いか? 

 

答えはいたって簡単です。 

 

何も考えないこと(考える事をやめる) 

                 

自然体でいること(リラックスする) 

 

このふたつの方法を取り入れる事で 

笑顔が自然と上手に作れるようになります。 

 

私は上記の答えにたどりついてからは、 

鏡の前で笑顔を作る練習をやめました。 

 

それはなぜか。 

 

考える事をやめたかったからです。

 

また、 

自然体で過ごしていれば自然な笑顔をつくれるのなら 

あえてなにかをする必要もないと気がついたから 

 

しばらくすると変化を実感できるようになりました。 

 

それは自分自身の意識の変化です。 

 

意識を変えただけで顔の筋肉の緊張が 

ほどける感覚があったからです。 

 

先述した考えをもとに笑顔を上手く作るポイントを探っていきましょう 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日5分でできる!簡単笑顔の練習方法 

 

 

 

 

自然体で何も考えずに笑顔を作めに 

わかりやすい例えがあるとすれば、 

 

日常生活で、楽しいと思った時など 

 

自然と笑顔になっていませんか? 

 

また、人と楽しい話をしていて笑ったりしたときも笑顔で会話を楽しんでいませんか? 

 

実は笑顔が作れずに苦手意識を持っていても、実際は様々な場面で笑顔になっているんですよ。 

 

気がついていましたか? 

 

気がつかないですよね。 

 

私も気がつきませんでした。 

 

でも考えてみるとわかりやすいです 

 

笑顔が自然に出ている理由は 

 

無意識に楽しんでいるから。 

 

気分として楽しいと気持ちも明るくなりますよね。 

 

気持ちが明るいと笑顔になりませんか? 

 

実はこれが笑顔を作るポイントです。 

 

笑顔に対して意識することやめると 

 

自然と体も心もリラックスしてきます。 

 

自然と楽しもうと考えられるようになります。 

 

楽しもうと思うこと。 

 

これも笑顔を作るためのポイントです。 

 

このふたつのポイントを忘れないように 

笑顔を作ってみましょう。 

 

笑顔を作るときは顔の表情筋の使い方が大切になります。 

 

しかし、表情筋が固いと笑顔が上手に作れないので、日頃から表情筋をほぐす習慣が必要になります。 

 

  • 表情筋のトレーニング方法 

笑顔には口を使うので口のトレーニングをご紹介します。 

 

「あ」  口を上下に大きくあける 

「い」  口を横に広げるイメージで 

「う」  口をすぼめるイメージで 

え」  口角を上に上げるイメージで 

 

笑顔に関係しているのは「え」の発音ですが、「あ」 「い」 「う」も取り入れて下さい。 

5分ほど継続すると表情筋が柔らかくなり、笑顔を作りやすくなります。 

 

  • 表情筋のマッサージでリラックス効果を上げる方法。 

 

固くなっている表情筋をほぐすには 

トレーニングだけではなく、 

マッサージもあります。 

口角の両端に両手の中指をおいて左右に引っ張る  

・頬の廻りを円を描くようにマッサーする。 

 

口角を横に軽く引っ張ることで口角周りの筋肉がほぐれて、 

頬の周りの筋肉をマッサージをする事で 

表情筋の凝りをほぐすことができます。 

 

こちらのマッサージも5分ほど続けていく事で効果を実感することができます。 

 

ストレッチやマッサージを終えた後に 

鏡の前で何も考えずに笑顔になってください。 

 

自然と口角上がった素敵な笑顔が 

できていませんか? 

 

自然な笑顔を手にいれたい人は 

 

何も考えないこと 

楽しもうと思うこと 

 

この二点を忘れないように表情筋のトレーニング、マッサージをはじめてみることをおすすめします。 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ 

 

笑顔を作るときに顔や口など身体だけを使っても笑顔は上手に作れません。 

 

笑顔を作らなくてはならない 

笑顔を作ろう 

 

こういった強い意識も却って逆効果になります。 

 

意識を変えようと思ってもそう簡単には上手くいきません。 

 

試しに笑顔を作ろうと強く意識をして 

鏡の前で口角を上に上げて見てください。 

 

どのように自分の笑顔がみえますか? 

 

まだ緊張していると思います。 

 

先述した顔のトレーニングを行ってから 

何も考えずにリラックスした状態で 

鏡の前で口角を上げてみてく下さい。 

 

今度はどのように自分の笑顔がみえますか? 

 

笑顔を作るのは実はとても簡単です。 

 

これまでの自分の笑顔に対しての強い意識をやめるだけです。 

 

笑顔を作ろうと思わずにリラックスする。 

 

これだけで素敵な笑顔が手に入ります。 

 

もう1 

 

楽しもうとする心理状況を楽しんでみること。 

 

気がついたら笑顔で楽しい時間を過ごしているはずです。 

 

 

笑顔には人の心を変える効果があります。 

 

 

大切な人と出会いたい時、楽しく話をしたい時、自分の印象を良く伝えたい時、 

 

これら全てを笑顔で満たすことができます。 

 

まずは実際に素敵な笑顔作りに取り組んでみませんか 

 

あなたの笑顔が誰かを幸せにしているのかもしれませんよ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事