初めての帝王切開となると

何かと不安がいっぱいですよね。 

 

帝王切開するときの麻酔ってどんなんだろう、帝王切開は痛いって聞くけど…

など、考え出したら不安がいっぱいですよね。 

 

あまり心配しすぎるとお腹の中にいる赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうかもしれません。 

 

実際に帝王切開の麻酔と帝王切開後に麻酔が切れた後の痛みについて

不安に感じているお母さんは多いものです。 

 

そこで、今回はそんな帝王切開の麻酔、帝王切開後の痛みについて

ご紹介したいと思います。 

 

 

スポンサーリンク

分からないからとっても不安!帝王切開前の麻酔ってどんな感じ? 

 

 

 

帝王切開の麻酔には大きく分けて2種類あります。

全身麻酔局所麻酔です。 

帝王切開の場合、全身麻酔をかけると赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまう可能性もありますので、

よほどのことがない限り局所麻酔が行われます。 

 

局所麻酔の場合、ほとんどが背中から麻酔を入れます。

しばらくすると足から胸あたりまで麻酔がきき始めます。 

 

麻酔がきき始めると、足先がじょじょに温かくなってきて、

そのうちしびれたようなかんじになり、麻酔がきいてきたなというのを実感します。 

 

麻酔がきいているかは、ハケで足先を触って確認します。

麻酔がきいていると、ハケで触られているのすらさっぱり感じません。 

 

手術中は、基本的に痛みなどはまったくありません。

ただし、お腹を押されているような感覚はあるので、なんだか不思議な感覚になります。 

 

 

自然分娩とどれくらい違う?帝王切開の産後ってやっぱりつらい? 

 

 

 

手術が終わると、ベッドに仰向けになったまま病室に運ばれてきます。

しばらくすると、検査や処理が終わった赤ちゃんが運ばれてくるので、

そこでやっと赤ちゃんを産んだんだという実感がわきます。 

 

ただし、術後30分~1時間すると麻酔が切れ始めますので、

徐々に傷口が痛み始めます。 

生理痛に似た痛みがズキズキとし始めると、少しづつ足なども動かせるようになります。 

 

麻酔が切れると傷口の痛みはピークをむかえます。

傷口の痛みなのか、子宮収縮の痛みなのかよくわからない痛みがおそってきます。 

 

余りにも痛くて夜も眠れない場合は、睡眠薬を点滴してもらうようにしましょう。 

 

翌日ともなると麻酔は完全にきえますが、それと同時に痛みもほとんどなくなっています。

ただし、普通に寝ているだけならいいのですが、

起き上がったり、動いたりすると激痛が走りますので、無理しないでくださいね。 

 

 

スポンサーリンク

まとめ 

 

 

 

帝王切開の麻酔についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 

 

初の帝王切開になるとどうしても不安なことでいっぱいになります。

しかも手術になるので事前に同意書を書くことになるため、余計に不安になったことを覚えています。 

 

しかし帝王切開の不安よりも、我が子に出会える楽しみだけを考えて当日を迎えてください。

余り心配しすぎるとお腹の中の赤ちゃんにまで心配が伝わってしまいますよ。 

 

無事に出産を終えることを願っています。 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事