毎日慌ただしく頑張っているあなたへ。

緑のある部屋で、気持ちにゆとりのある生活をしてみませんか?

植物がある家って、なんか良いですよね。

ホッとするというか、気持ちがスッキリ穏やかに
なるように感じます。

植物を置く事はそれ自体に家にツキを呼び込むとも
言われていますが、風水などで色や場所を
考えて置くと、より良くなるようです。

ここからは、風水を交えた植物の置き方や
種類について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

どこに置くのが効果的?風水に良い観葉植物のリビングでの置く場所とは?

生きているものを育てていると、小さい変化に
気づきちょっとしたことにも喜ぶ事ができるような・・・
優しい気持ちになれると私は思っています。

私の家もたくさんの緑があります。

同居している義母も花が大好きで、
年中さまざまな花が庭に咲き、
時々玄関に飾っています。

帰ってきた時にちょこんと可愛い花が
あるだけで、思わず顔が緩みます。

以前一人暮らしをしていた時は、緑の世話が
十分にできず、枯らしてしまった事も数多く・・・。

「簡単に育てられるよー」と、いただいたサボテンも
見事に枯らし、水耕栽培の鉢植えの花も気づいたら
水が切れてカサカサだった!

なんていうことも良くありました。

情けない。

結婚後、自分の周りにあるものをもっと大切に
したいと思い小さな植物から世話を始めました。

枯れた葉を取り除き、定期的に水やりをして、
数年に1回植え替えて・・・。

その内、花が咲き新しい葉っぱが活き活きと
成長するようになりました。

それに伴って、不規則だった生活も
穏やかなものに変わってきたような気がします。

では、どんな植物をどこに置いたら良いのでしょうか?

リビングでしょうか?

リビングとは、家族が集まりくつろぐ場所。

まずは、風水の基本からお伝えします。

風水とは、古代中国発祥で6世紀ごろに日本に
伝わった言われています。

万物は「気」を持ち、その気を整える事で
家の中が落ち着くというものです。

その中でも、観葉植物は4つの力があると言われています。

  • 土に根を張る「大地の力」
  • 太陽に向かって伸びる「太陽の力」
  • 水を吸収して成長する「水の力」
  • 植物そのものの「生命の力」

ということから、家に置く事で良い気を
めぐらすことが出来るようです。

では、具体的にどのような種類を
どこに置けばよいのでしょう?

叶えたい事によって、「葉の形」「葉の向き」「葉の大きさ」
そして「方角」を決めます。

葉については、

  • 葉の形が細く尖っている:するどい気。やる気を起こす。悪気祓い。
  • 葉の形が丸い:穏やかで心がリラックスする。
  • 葉の向きが上向き:「陽」の気。活発で運気アップ。
  • 葉の向きが下向き:「陰」の気。優しく鎮める気。

大きい葉は安定感・小さくたくさんついている葉は
活発さを表すと言われています。

向きについては、以下のようなキーワードがあります。

では、具体的に選んでみましょう。

リビングは、家族が集まってくつろぐ場所ですので、
人が出入りして活発に気が動いています。

テレビやレンジなどの家電製品も強い気を出す
と言われています。

ゆったりリラックスして過ごしたい場所ですから、
葉の形は丸い方が良いでしょうか・・・、
気を落ち着かせたいなら葉が下向きの「陰」のものを選びます。

場所は、基本的にどこでも良いとされています。

気が滞りやすい部屋の隅や、窓際でやわらかい光が
差し込む所が良いと思います。

もし具体的な希望があれば、その方角を選んで
適した植物を置くのもおすすめです。

また、観葉植物の数は部屋の大きさによって、
1つ~3つ程度にしましょう。

私がリビングにお勧めする観葉植物を3つお伝えします。

どれも育てやすく見た目も可愛いです。

  • モンステラ


大きい切れ込みが入っている葉っぱが特徴です。

ハワイ語で「湧き出る水」という意味を持っており、
幸福が舞い込むと言われています。

  • ガジュマル


沖縄では精霊がやどるといわれている木です。

気分を落ち着かせたり、リラックスできます。

  • ベンジャミン


枝先が垂れて可愛い木です。

インドやネパールでは聖木と呼ばれ、
花言葉は「家族の絆・夫婦愛」だそうです。

家に置くのにピッタリですね。

生き物ですから、光と水が必要です。

適度に日光の当たる所に置き、土の正面が
乾燥したらお水をあげましょう。

季節によって水やりの仕方も変わってきます。

また、枯れた葉は運気を悪くするので
早めにとりましょう。

いろいろ置いても大丈夫?観葉植物と花の風水に良い置き方とは?

花を一緒に飾ることもとても良いと言われています。

切り花は「陽」の気を持ち、プラスの力を運んでくれます。

観葉植物と一緒に置いても良いですが、
あまりごちゃごちゃにならないように、
スッキリピンポイントで置きましょう。

ポイントは、「色」です。

それぞれに意味があるので自分に
合ったものを飾りましょう。

白は心のつながり、赤は活発さを、オレンジは
親しみやすさ、黄色は金運、ブルーは冷静さ、
ピンクは恋愛などとなっています。

例えば、運気を取り込みたいなら、玄関に、
ダイエット中ならばブルーの花をダイニングに
置いてみてください。

ホルティ
参考元https://horti.jp/560

グリーンスマイル
参考元https://www.087greensmile.com/husui/

★パコマ プロの風水師監修の記事
参考元https://pacoma.jp/50790

スポンサーリンク

まとめ

植物は家に置くと、良い気を運んでくれます。

風水の基本的にそった考え方はありますが、私としては、
自分の好きなものを選ぶのが良いように思います。

お花屋さんに行った時に
「これはなんとなく好きだな。見ていてホッとするな。」
と選んだものが、今のあなたに合うもののような気がします。

おうちにグリーンを取り入れ、穏やかで心地よい毎日を
送ることが出来たら良いですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事