お腹に小さな命が授かり、産婦人科へ通っていると、
気づけば予定日まであと1週間!

「いつ陣痛が来てもおかしくないですねぇ」
なんて言われて、もうすぐ産まれると思うと
楽しみだけど、初めての出産でちょっと不安…。

陣痛ってどういう感じなんだろう…。

初めての出産は、自分の子どもと会えて楽しみですが、
産まれる過程がどうなるのか想像がつかず、
少し気がかりですよね。

私も小学生の時に、漫画を読んで、陣痛の痛みを
「鼻からすいかが出るくらい痛い!」
表現されていて、脅かされた記憶があります。(笑)

「痛い」じゃ言い表せない出産の痛みなのだと…。

「陣痛、くるぞくるぞくるぞ…」と陣痛と
今から戦う気持ちで出産に挑む心構えが
必要なようで。

健康な赤ちゃんが産まれるのか、
不安にもなりますよね…。

そこで、元気な赤ちゃんを出産するために、
陣痛について少し知っておけば、
楽な気持ちで出産できるのではと思います。

ぜひ、この記事を読んで、安心して
出産に臨んでください。(笑)

スポンサーリンク

なんとなく今までと違う!?陣痛前の前兆とは?

産まれる直前には、「あ、陣痛きた!痛い」となるのでしょうか。

「痛い陣痛」の前兆はあるのでしょうか。

あれば心構えができますよね…。

実は、人によって前兆は異なり、いろいろあるようです。

こちらにその兆候をご紹介します。

おしるし

出産間近になると、おりものに血が混じり、
下着についていることがあります。

これは、そろそろ産まれるよーという合図で、
「おしるし」と呼ばれます。

早い人で陣痛の72時間前にみられることがあります。

色は透明にほんのりピンクの人もいれば、血の色を
していた人もいたり、茶色やオレンジ色だったり…。

色には個人差がありますので、
安心してください♪

量は少量から生理の多い日くらいの人もいます。

下着が汚れる可能性もあるため、
ナプキンを持ち歩くのがおすすめです!

破水

お腹の中では赤ちゃんは、卵膜の中で液体に包まれて、
ぷかぷか気持ちよさそうに過ごしています。

この液体が羊水と呼ばれ、卵膜が破れて
体外に流れでること破水と言います。

破水は赤ちゃんがでてくる直前に
子宮口が全開になった時に起こることが多いようです。

破水後、どれくらいで産まれるかは個人差がありますが、
24時間以内に陣痛がくると言われています。

しかし、初産では、1~2時間、何人か出産を
経験していれば1時間以内に陣痛が起こるなど、
人それぞれ、予測は難しい傾向にあります。

ちなみに、私の親戚で出産を経験した話では、
自宅で破水し、急いで病院へ向かい、到着したら、
破水ではなく、尿がどぼっとでていただけだった
と聞きました。

 

そして、出産はもうちょっと先かなーとお医者さんに
言われたそうです。

破水の見分け方も難しいようですが、
慌てずに行動しましょう!

前駆陣痛

前駆陣痛とは、臨月のときにおこる生理痛のような痛みや
お腹の張りを不規則に感じることです。

陣痛の前に起こりやすい傾向があります。

しかし、前駆陣痛がきたからといって、
本格的な陣痛がくるわけではありません。

また、痛みが徐々に弱くなり、
「あれ、大丈夫かな」という感じになることも
あるそうです。

陣痛の前に前駆陣痛が必ずしもくるとは
限らないので、焦らないでくださいね♪

腰痛

出産が近づくと、赤ちゃんは子宮から
出る準備をはじめるので、
骨盤に負担がかかります。

その為、腰痛に悩まされることもあります。

ストレッチや骨盤用ベルトを巻いて、
腰痛を軽減することをおすすめします♪

吐き気

妊娠36週頃までは赤ちゃんが胃を圧迫する為、
吐き気を感じることがあり、後期つわりとも呼ばれます。

出産が近づくと、赤ちゃんや子宮の位置が下がる為、
胃を圧迫されることがなくなり、すっきりしてきます。

気持ちよく出産できそうなので、なんだか安心ですね♪

下痢

赤ちゃんが大きくなると、腸まで圧迫され、
ホルモンバランスも大きく崩れてしまいます。

出産直前に便秘や下痢など、いつもと違う症状を
感じる場合があります。

出産の影響で下痢や感染性胃腸炎、食中毒など、
病気の可能性もありますので、しっかり医師に相談しましょう!

陣痛がひどくて食事ができない辛さ、とてもよくわかります…。

つわりがひどくて食事できない…そんな妊婦におすすめお手軽レシピ!!

赤ちゃんにも変化が出る?陣痛前の胎動って何か変わる?

陣痛前の胎動とはどう変化するのでしょう?

胎動とは、赤ちゃんがおなかにいる時に
動くことをいいます。

はじめの頃、胎動は、ぐるんと回る、
ぽこぽこするという感じ方をするようです。

陣痛前には、胎動の回数が減ります。

なんだか意外ですよね。

お腹に激痛は走るけれど、
赤ちゃんが元気に動く胎動ではない
のですから…。

個人差がありますが、胎動が減るのは、
赤ちゃん骨盤周辺まで下がり、
自由に動く空間が少なくなるからです。

出産直前まで元気に動いていた赤ちゃんもいるようで、
必ずしも胎動が減るとも言い切れません。

それにしても、急に胎動が感じられなくなると、
「赤ちゃんに何かあったのでは!?」と心配ですよね。

胎動が気になりだしたら、回数をカウントしてみましょう。

参考元https://mamanoko.jp/articles/20244

参考元https://mamanoko.jp/articles/23170

スポンサーリンク

まとめ

陣痛の前の兆候として、いろいろな傾向がありましたね!

これで少し安心して出産に臨めるのではないでしょうか。

元気な赤ちゃんが産まれることを、心より祈っています♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事