登山
冬がやってくると、最初に雪が積もるのは高い山ですよね。

そんな雪山に行ったことはありますか?

今年こそはチャレンジしよう!と考えている方も少なくないと思います。

しかし、初めての方はどんな準備をすればいいのか悩みますよね。

普通の登山とは違い、雪山登山では、いつも以上に必要なものがあるのでは
と心配な方も多いのではないでしょうか。

何から準備していいのか...雪山登山初心者向け!基本の服装・必需品

雪山2

雪山登山をしようと志す方は、登山経験者が多いと思います。
その場合、いつもの装備に加えて必要とするものを補充する形で準備を進めましょう。

ここでは、まったく登山が初めて方や登山経験者で雪山初挑戦の方に向け、
基本の服装と必需品を紹介していきます。

1. 登山靴または、トレッキングシューズ

こちらは必須!登山靴は普通のスニーカーよりも重く頑丈、靴底が固く、
岩場などの歩きにくい場所でも足が痛くなりにくいタイプ。
ハイカット型が、急斜面で足首を固定し、疲れにくい構造になっています。

トレッキングシューズは、登山靴よりちょっとしたハイキングなど、
山歩きに向いており、靴底も柔らかく、ハイカット型は少なく
歩きやすい構造になっています。

登山靴は、ハイキングや山頂を目指す方、トレッキングシューズは
主に山歩きをする方に向いている靴です。また、雪山に行かれるときは、
冬山用の靴を選びましょう。

ご自身の目的に合ったものを選んでください。

2.ザックまたは、バックパック(リュック)

リュック

このタイプのザックは、普通のリュックサックよりも
大きく大容量なものが多く、長時間背負っても
負担が少なく作られています。

店頭には、様々なサイズが揃っていますので、
ご自身にあった登山のザックを選んでください。

3.レインウェア

天候

山といえば、天候が変わりやすいことで知られています。
レインウエアは寒さ対策にもなるよう、
軽くても丈夫なものを用意したいですね。

特に、雪山には防水を加工されているのも、
風を通しにくい素材が使われているものを
準備しましょう。

4.ズボン

ズボン

ズボンも防水機能、風を通しにくい素材が
使われたものが適しています。
色やサイズなども豊富ですので、
ぜひ自分の好みのものを探してみてください。

5.帽子

帽子

標高が高くなると、風も冷たく
寒さが増すのでニット帽をお勧めします。
少しでも寒さをしのぐには帽子は必須ですよ。

6.グローブ

手袋

グローブは、風を通しにくい素材のものが良く、
大きいと滑りやすいので手のサイズにきちんと
合ったものを選んでください。

7.アイゼン

雪山

アイゼンは雪山登山の必須アイテムです。
雪の積もった道なども楽に歩くことができます。
取り付け方や締め付け器具のタイプを確認して
購入することをお勧めします。

8.ピッケル

ピッケル

ピッケルも雪山登山の必須アイテムです。
つるはしのようなもので、これを使って斜面を登ったり、
落下を防止したり、杖代わりにしたりとたくさん使い道があります。

店頭には、60-70cmぐらいのものか、少し短めのものが
揃っていますので、用途に合わせて選んでください。

雪山でも手を抜けない!?登山ファッションにプラスしたいオシャレ小物

雪山3

服装が整ったら、次は小物にオシャレを取り入れてみたいですよね!
では、オススメをいくつか紹介していきます。

1.モバイルバッテリー

スマホ

登山に行く時は、スマホを持参すると便利です。
GPSで位置確認をしたり、天気を見たりできます。
けれど、いざとなった時に電池がなくては意味がありません!
必ず一緒にモバイルバッテリーも持っていきましょう!

2.ペットボトルホルダー

登山

登山に行く時は水分補給が必要不可欠です。
標高が低いところに行く場合は、水筒よりも
軽いペットボトルを持っていくのが望ましいです。

また、ペットボトルのキャップと本体部分に取り付けられるホルダーは、
色も様々ですので服装やザックの色と合わせてみては?

3.ホイッスル

ホイッスル

雪山で遭難した時に使えるホイッスルは、
形やデザインも豊富です。

キーホルダータイプは
ザックに引っ掛けたり、
服のポケットのチャック部分に
付けたりできるので重宝します。

安全対策として持っておくことを強くお勧めします。

まとめ

雪山登山の服装と小物の紹介をしてきました。

雪山は、皆さんご存知の通り真っ白です。
写真を撮るときもカラフルな方が映えるので
ウェアなどの色は、思い切って派手なものに挑戦してみましょう。

くれぐれも安全第一で行動してください。

みなさんの初の雪山登山が成功することを祈っています。

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事