結婚式1

友達の結婚式にお呼ばれしたのはいいものの
髪の毛が短いとロングみたいに
まとめたり、ヘアアレンジが難しいし
どうしよう…と思う方が結構多いようです。

せっかくの結婚式、髪型が決まらないことで
楽しめないのは、もったいないですね。

スポンサーリンク

結婚式の髪型のマナーをおさえよう!

結婚式2

結婚式にお呼ばれされた!
服装はもうバッチリ!でも
髪型は大丈夫ですか?
服装にもマナーがあるように
髪型にもマナーがあります。

大事な結婚式でつつがなく楽しく
過ごしたいですよね。

ここでは、ショートの人でも
いつもとは違ったヘアアレンジの仕方を
ご紹介していきます。

そもそもショートのヘアアレンジは必要?
と感じる方もいると思いますが
そのままでも問題はないです。

ただ、前髪が長かったり
サイドの髪の毛が顔にかかってしまう方は
まとめましょう。

内巻きにしたり外ハネにして
いつもよりツヤ感を多めにするだけでも
結婚式仕様になりますよ♪

前髪をネジネジして
とめるだけでも可愛いですが、
できる方は編み込みをすると
一気に結婚式仕様になりますね。

こちらにショートの方でもアレンジが出来る動画を
ご用意しました。
よかったら、参考にしてみてください。

【ショートヘアアレンジ】普段使いにもお呼ばれヘアーにも使える!!

動画はこちら↓↓

アクセサリーは
ロングヘアの方が使うバレッタよりも
パールのヘアピンなどを
使ってみるといいですね。

またカチューシャもおすすめです。
ものによってはカジュアルに
なってしまうので慎重に選びましょう。

次に髪型についてのマナーなどを
ご紹介していきます。

ロングヘアの場合、そのまま
髪の毛をおろす「ダウンヘア」は
マナーとしては、控えるべき髪型です。

なぜかと言うと、食事をする際に
髪の毛が落ちないように触りながら
食べるのは衛生的に良くありません。

また、ご両親や親族にお辞儀をして
挨拶をする時など髪の毛が落ちない方が
清潔感があり好印象です。

そのため「ダウンヘア」は禁止と考えた
方が賢明です。

髪の毛をまとめるアクセサリーや
ヘアアレンジにも気をつける必要があります。

基本的に花嫁よりも目立つような白い服装も
ヘアアレンジも礼を欠くことになると
覚えておきましょう。

髪の毛に散りばめるラメは
たくさんつけてしまうと派手になるので
ほんのり程度にしておきましょう。

また、トップにボリュームを持たせた
派手な盛り髪も目立つので
慎みましょう。

ヘアアクセサリーは服装との
統一感を大切に!

ファーのアクセサリーは
動物の殺生を連想させるため
縁起が悪いとされています。

また、ブラックパールや
黒一色はお葬式で使われることが多いので
こちらも避けましょう。

花嫁と雰囲気がかぶるような
ヘアアクセサリーもダメです。

白のヘアアクセサリー、大きなパールや
お花を使ったアクセサリーなどは
花嫁がよく身につけるアイテムです。
そういったものを選ばないようにしましょう。

結婚式の髪型はハーフアップもあり?

髪型

結婚式の髪型。
髪の毛をおろしたままの「ダウンヘア」は
ダメと言われてますが
ハーフアップは大丈夫なの?
と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

結論ハーフアップは大丈夫ですが、
気をつけなければいけない点がありますので
ご紹介していきます。

格式のあるホテルウエディングの場合
などはきっちりとしたアップスタイルで
式に臨むのが基本です。

最近はカジュアルウエディングが
ふえてるのでハーフアップでも問題ない
場合が多くなっています。

また、着物を着て出席する場合などは
ハーフアップはバランスが悪く
アップスタイルがふさわしいと
されています。

どんな髪型でもそうですが、
結婚式のときはお辞儀しても
髪の毛が顔にかからないように
ハーフアップでまとめましょう。

アクセサリーは
ハーフアップの方だと
リボンのバレッタなどがおすすめですね。

花嫁とかぶらないように
気をつけて選びましょう。

スポンサーリンク

まとめ

服装がバッチリでも、
髪型がだらしなかったら
意味ないですよね。

髪型にもたくさんのマナーがあります。

キレイな格好をしていきたい気持ちは
わかりますが、あくまで花嫁がメインです。

花嫁よりも派手にならないように髪型や
アクセサリーに気をつけて
結婚式に出席しましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事