名前1

 

 

 

 

 

 

初めて腕に抱いた我が子に、お父さんとお母さんが
最初に与える贈り物と言ったら「名前」でしょう。

女の子であれば、かわいい女の子に育ってほしい。

可憐で清楚な女の子に育つように願いを込めて「花」や
「花」をイメージさせる漢字を選ぶ親御さんは多いはず。

しかし、一口に「花」といっても種類は多く
花言葉まで見ていると
途方に暮れてしまいますよね。

「お父さん、まだ決まらないの?」
そんな風にせっつかれても…

なかなか決められないお父さんのために、
今回花に関する名前と
珍しい漢字をご紹介させて頂きます。

大切なお子さんの名前を付ける際、
参考としていただけれれば幸いです。

スポンサーリンク

女の子の名前にふさわしい花の名前~漢字から考えよう~

名前2

 

 

 

 

 

 

「花」は草木の花の総称であり、華やかなもの、
美しいもののたとえとして使われます。

もともとは花弁が美しく咲き乱れる様子を、
文字にしたのが『華』、「花」はその俗字
と言われています。

「花」と『華』はほぼ同じ意味で使われ、
「花」の字は、『華』から「くさかんむり」を、
引き続き“変化する”という意味を持つ「化」を
加えてできています。

「つぼみ」から「美しい花」へと姿を変える、
という特徴をとらえた漢字です。

では、花の字を使った名前を見ていきたいと
思います。

「花」という漢字から考える

こちらに「花」を名前に含む漢字を集めてみました。

(星マークがついているものは、
独自の読み方のため、注意が必要です)

  • 愛花  あいか、まなか
  • 咲花  さな、さわ、(さいか★)
  • 彩花  あやか
  • 月花  (さやか、つき、るか★)
  • 花音  かのん、かおん
  • 春花  はるか
  • 花乃  かの
  • 萌花  もえか、もか、(ほのか★)
  • 花蓮  かれん
  • 梨花  りか
  • 花凛  かりん
  • 瑠花  るか
  • 星花音 あかね★
  • 空月花 あげは★
  • 一花  いちか
  • 梅花  うめか
  • 花美  えみ★
  • 花月  かづき
  • 詞花  ことは
  • 杏花  こはる★
  • 小夜花 さやか
  • 姫花  ひめか

次に季節ごとに咲く花から
名前にふさわしいものを
見ていきます。

「季節」から考える

花言葉も添えていますので、
その花の持つ花言葉の印象から、
名前を決められても
よいのではないでしょうか。

  • 桜 さくら … 桜子 さくらこ/美桜 みお/桜彩 さや/桜花 おうか

愛桜 あいら/桜咲 さくら、さき/里桜 りお、りさ

花言葉 : 精神の美・優雅な女性

  • 桃 もも … 桃花 ももか/桃天 とあ/桃悠 こはる/桃華 とうか

花言葉 : 私はあなたの虜・天下無敵・気立ての良さ

  • 菫 すみれ … 花菫 かすみ/菫夏 すみか/菫乃 すみの/彩菫 あずみ

花言葉 : 謙虚・誠実・小さな幸せ

  • 梓 あずさ … 梓咲 あずさ/梓乃 しの/梓海 あずみ/梓妃 しき

花言葉 : 夢心地

  • 百合 ゆり … 百合絵 ゆりえ/百合音 ゆりね/沙百合 さゆり

百合愛 ゆりあ/ 百合奈 ゆり /深百合 みゆり

花言葉 : 純粋・無垢・威厳

  • 葵 あおい … 美葵 ひまり、みお/葵咲 あいさ、あき/葵心 あいる

夏葵 なぎ/日葵 ひなた、ひまり

花言葉 : あなたの美しさは気高い・大志・野心・高貴

  • 芹 せり … 芹奈 せりな、せいな/芹夏 せな/芹星 きら/芹空 せりあ

花言葉 : 清楚で高潔

  • 茜 あかね … 茜希 あき/茜梨 あかり/茜愛 せいら/乃茜 のあ

花言葉 : 私を思って・媚び

  • 椎 しい … 椎奈 しいな/椎乃 しの/椎 ゆい/椎花 しいか

花言葉 : 古風

  • 楓 かえで(紅葉 もみじ) … 楓葵 あおい/一楓 いちか/楓咲 かえら

楓音 かざね/奏楓 かなで

花言葉 : 大切な思い出・遠慮

  • 藍 あい … 藍香 あいか/藍凛 あいり/星藍 せいら/藍華 らんか

花言葉 : 美しい装い・あなた次第

  • 椿 つばき … 椿花 ちか/里椿子 りつこ/椿桜 つばさ/名椿美 なつみ

花言葉 : 控えめな優しさ

  • 蘭 らん … 蘭音 かのん/沙蘭 さら/冬蘭 とうか/愛蘭 あいら

花言葉 : 美しい淑女

  • 柊 ひいらぎ … 柊花 しゅうか/柊華 ひな/遥柊 はるひ/柊愛 ひめ

花言葉 : 用心深さ・先見の明・保護・歓迎

  • 柚 ゆず … 柚月 ゆづき/美柚 みゆ/柚羽 ゆずは/柚南 ゆうな

花言葉 : 健康美・穢れなき人・恋のため息・幸福

花は「愛らしさ」や「可憐でおしとやか」、
「柔らかいイメージ」があります。

花が咲くと、何もない所に色が加わり
「華やぐ」、「笑顔になる」といったイメージを
連想させます。

また花開く様子を「努力が実る」と表現することができ、
女の子に花の名前はぴったりといえるでしょう。

女の子の名前にピッタリ!ちょっと珍しい花の名前

名前3

 

 

 

 

 

 

最近では、珍しい名前も増えて、
大分聞きなれてきていますね。

こちらでは、珍しい一文字
漢字の名前をみていきます。

漢字1文字でも、その1文字に
願いや思いはぎゅっと詰まっています。

そして1文字といえども、
インパクトが強いものであふれています。

珍しい 一文字漢字

今回はその中でも、花に関する漢字や音から、
珍しい一文字漢字を集めました。

  • 苺 いちご
  • 果 あきら、このみ
  • 菜 さい
  • 李 すもも
  • 萌 もえ、はじめ、めばえ
  • 梗 きょう、こう、なお
  • 藍 らん
  • 華 はな、はる、よし
  • 春 あずま
  • 芽 めい、めぇい
  • 蓮 れん
  • 莉 まり
  • 芳 かおり、かおる

どうですか?まだまだこれはほんの一部。

名前として使える漢字を
探すと一文字でも沢山ありますね。

花以外、中でも私個人が気になったのは
星 てぃあら/桜 ぴーち/礼 ぺこ/ 詩 ぽえむ
の一文字漢字。

もちろん他にもいくつかありましたが、個人的に
「これを名前にするのはどうなの?」
と思うほど、なじみがなく…

またこの漢字・読み方を見て
「自分がこの名前だったら絶対ぐれちゃうな」
という印象を持ちました。

いわゆるキラキラネームなどには
流行り廃れもあり、何より読み方は
独特で、凝っています。

特におじいちゃん・おばあちゃん、
世代が違うと馴染みがなく読み方はもちろん、
名前の意味を理解するのも
一苦労でしょう。

聞かないと分からない名前、
何度も言い間違えられ、
そのたびに訂正する
というのは、ちょっと不便じゃないかな?
と個人的には思います。

かっこいい、変わった読み方にこだわる方も
いらっしゃいますが、果たしてその名前が
その子にとって、愛着の持てる名前であるかどうかも
考えながら選んでいただきたいと思います。

名前4

 

 

 

 

Q使わない方がいい漢字はあるの?

戸籍法により、名前に使える漢字は決まっています。

例えば、花でいうと
「薔薇:バラ」、「薊:あざみ」
この漢字を名前に使用することはできません。

他にも使用できない漢字は数多くあり、
出生届を提出する前に
一度調べておきましょう。

法務省のホームページで確認が可能です。

Q 受理されない名前の基準は何?

  • 使えない漢字
  • 名前として不適切
  • 親兄弟、姉妹と同じ漢字の名前

この3つが受理できるか否かの基準となっています。

  • 使えない漢字

名前に使う事の出来る漢字は「常用漢字」と「人名漢字」の2つがあり、
そのいずれにも該当しない漢字は、名前に使用することはできません。

また、ひらがな・カタカナは大丈夫でも、
ローマ字は、名前に使用することはできません。

  • 名前として不適切

これは出生届を提出する各市町村により
判断が分かれるので一概に
「これがダメ」とは言えません。

過去に自分の子供に『悪魔』という名前で
受理されなかった事件がありました。

「子供の福祉を害する」との判断から
受理されなかったそうです。

ちなみに、同じ「あくま」という読み方で
別の漢字にあてはめても受理されることは
なかったようです。

  • 親兄弟、姉妹と同じ感じの名前

例えばお姉さんが「桂子:よしこ」の場合、
妹に「桂子:けいこ」とつけることはできません。

ただし、同じ読み方であっても『良子:よしこ』
のように、漢字が違えば使用する事は可能です。

スポンサーリンク

まとめ

参考になりましたでしょうか?

  • 「花」という漢字から考える
  • 「季節」から考える
  • 珍しい1文字漢字

花の名前が選ばれるのには、
やはり花が持つ生命力や気高さといった姿に
私たちが目を引かれ、心動かされるからではないでしょうか。

名前はその子がたとえ結婚したとしても、ずっと呼ばれ続ける大事なもの。

せっかく悩み・考え抜いてつけるのですから、
名付けたお子さんにも「この名前でよかった」と、
そう思ってもらえるとっておきのプレゼントにしてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事