1年の中でも最も長い連休になるのが、ゴールデンウィークですね。

毎年あるからこそ、どうやって過ごそうかと
考え込む方も多くいるのではないでしょうか。

また、お子さんの年齢によっても、どこへ行くか
何をして遊ぶかなど頭を悩ませますよね。

私も3歳と1歳の子どもがいるので、どこに行けば
子どもたちも楽しく過ごせるのか悩みます。

ゴールデンウィークは、世の中のほとんどの人が連休なので
どこへ行っても混雑していて、嫌になることもありますが、
そんな時こそ、家族でいればどこへ行っても何をしても楽しい!

写真や思い出に残るような家族旅行をするのがおすすめです。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークは沖縄へ旅行へ行って最高の思い出を

家族旅行へ行くと決まれば、次は行き先ですね。

自宅から車で行けるところか、新幹線や飛行機を利用するか、
滞在先で何をするか、など行き先を決める選択肢はたくさんありますが、
様々な観光地のなかでも、おすすめしたいのが沖縄です。

沖縄といえばやっぱり海!

本島の海もいいですが、離島へ行くのもおすすめです。

私は石垣島に宿泊して、その周辺の島にも行きましたが、
沖縄の海って、本当に青くて綺麗で、ずっと眺めていても飽きないくらい感動します。

離島は観光地が少なく、住民や観光客も本島に比べると少ないので
あまり栄えてはいませんが、その分海を満喫できる環境です。

浜辺で海を見ながらぼーっとするのもいいですし、
浮き輪やビーチボールで遊ぶのも、
触れるほど近くで魚が見られる、シュノーケリングをするのも、
家族旅行の思い出として、とってもいいものになるに違いありません。

私もシュノーケリングをしましたが、海の青さとサンゴ礁と色鮮やかな魚たちを
間近で見ることができて、今でも忘れられない思い出です。

ぜひ、沖縄を家族旅行の行き先の候補に入れてみてください。

ゴールデンウイークの過ごし方は?のんびり過ごす?観光?

沖縄には、海だけでなく家族で楽しめる観光地がたくさんあります。

以下にいくつかご紹介しますね。

  •  美ら海水族館

沖縄本島へ行ったら、絶対に外せない観光地といえば、美ら海水族館。

何といっても、世界最大級の大水槽にジンベエザメやナンヨウマンタなどの
魚たちが悠々と泳いでいる姿が圧巻です。

その大水槽【黒潮の海】を目の前に眺めながら軽食や各種ドリンク、
アイスクリームやケーキなどがいただけるカフェ「オーシャンブルー」は
ファミリーにも人気のスポットです。

その他にも、ナマコやヒトデが触れるタッチプールや、公園内で行われ、
無料で楽しめる「オキちゃん劇場」のイルカショーは
子どもたちにも人気で見逃せません。

スポット詳細

住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424番地(海洋博公園内)
入場:通常8:30~16:00入館
入園料金 : 大人1,850円
       中人(高校生)1,230円
     小人(小、中学生)610円
入場:16:00~入館締切(4時からチケット)
入園料金:大人1,290円
     中人(高校生)860円
     小人(小、中学生)430円
6歳未満 無料
TEL:0980-48-3748

HPhttps://churaumi.okinawa/

注 2019年7月時点の情報です。

  •  ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパークは、その名の通り、パイナップルがメインの観光地です。

パイナップル畑や南国の植物を見ることができ、
園内はとても広く、パイナップルをイメージして作られた
自動運転のカート・パイナップル号に乗って、園内を回るのがおすすめです。

そして、もちろん見るだけでなく、レストランやカフェでは、
パイナップルを食べ尽くして、思う存分堪能してください。

また、新たにダイナソーアドベンチャーツアーがオープンしたので、
鳴いたり動いたりと、迫力満点の恐竜たちを探してみてくださいね!

スポット詳細

住所:沖縄県名護市為又1195
入園料金:大人(高校生以上)850円
     中人(中学生)600円
     小人(小学生)450円
     小学生未満 無料
TEL:0980-53-3659

HPhttp://www.nagopine.com/

 注 2019年7月時点の情報です。

  • 琉球村

沖縄の昔ながらの古民家を見学したり、民族舞踊のエイサーを
見たりすることができる観光スポットです。

入り口前には無料エリアがあり、食事やお土産の購入、
貸衣装を着て記念撮影もできます。

村の中では、三味線や太鼓の音が流れていて
昔の沖縄にタイムスリップしたような感覚を味わえます。

サトウキビをしぼる砂糖車(さーたーぐるま)があり、
運が良ければ水牛が砂糖車を引く姿を見ることができます。

私が訪れたときは、運よく水牛が砂糖車を引いていて、
目の前を通り、水牛と一緒に写真を撮ることができました。

キジムナー劇場では、エイサーや沖縄踊り、島唄LIVEなど
様々な公演が行われていますので、1日中楽しめますよ。

スポット詳細

住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130

入園料金:大人(16才以上)1,200円
     小人(6才~15才)600円
     *6歳未満 無料

2019101日以降】
大人(16才以上)1,500円
     高校生  1,200円
     小人(小中学生)600円
     *6歳未満 無料

 注 2019年7月時点の情報です。

HP:https://www.ryukyumura.co.jp/official/

海でのんびり過ごすのもいいけれど、せっかくなので色々な場所を
観光して沖縄のいいところをたくさん見つけてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は沖縄の観光地をご紹介しました。

近場へお出かけするのもいいですが、
せっかくのゴールデンウィークですから
普段なかなか行けない場所へ行ってみてください。

普段の生活圏内から離れてみると、気分転換にもなりますよ♪

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事