暑い季節になり、友達から
「やっぱり暑い夏の時期には夏フェスでしょ!」
と誘われたものの、夏フェスは初めて。

何を持っていっていいか分からない…。

忘れ物なんてしたら、暑さで倒れるかもしれない…。

でも、楽しみたい初めての夏フェス。

初めてだから何を持っていけばいいか
分からない不安な気持ちになりますよね。

今回は、より夏フェスを楽しめるように、
カバンに入れておくべき必需品をまとめました。

夏フェスに行くなら持ってて当然!?夏フェスへ持っていくべき必需品は?

猛暑、酷暑の中、野外で行われる夏フェス。
体調に気を付けながら、楽しみたいですよね。

では、夏フェスに持参する必需品について
見ていきます。

  • チケット
  •  財布(現金)
  • 交通系ICカード
  • 保険証
  • 携帯電話
  • タオル
  •  水分

それぞれについて詳しく見ていきます。

チケット

チケットがなければ
始まりませんので、
何度もチェックしましょう。

全体の荷物を準備するとき
準備が一通り終わったとき
家を出るとき
電車に乗る前

4回以上は確認してください。

万が一忘れてしまっていたら参加さえできません!

現金

カードは基本的に使用できないので、
現金で支払う心構えでいましょう。

現金は、水分、食べ物、アーティストグッズの購入に使用します。

交通系ICカード

切符売り場は混雑しますから、チャージして持っていれば、
改札にピッとするだけで入れます。

チャージは忘れずにしましょう。

また、県外の夏フェスへ行く場合も、
普段利用しているICカードを持っていきましょう。

関西圏のICOCAは、九州福岡でもICOCAは利用でき、
遠くの夏フェスへ行く場合にも持参するのが
おすすめです。

保険証

万が一、熱中症やモッシュやダイブによる
体調不良やケガなどに備えて
念のため、持っていきましょう。

また、身分証が必要になった時にも安心です。

携帯電話

必ず充電しておきましょう!

会場での充電は至難の業です。

タオル

最低限、日数分必要になり、暑い日には、1日2枚使用すると
想定して持参することが望ましいでしょう。

アーティストグッズとして購入した
汗拭きタオルを使用するのは
ためらってしまいますよね。

大事な、大事なアーティストのグッズに汗を拭いて汚すなんて…

と思って…

その場合には、自宅から普段使用しているような
タオルを持参すると良いでしょう。

意外と知らない必需品!?夏フェスに行くなら持っておきたい持ち物とは?

あれば便利だなーというもの、
正直、あったほうがいいものを
ご紹介します。

その隠れ必需品!は、こちらになります

  • モバイルバッテリー
  • 帽子
  •  飲み物
  • 虫よけスプレー
  • ウエストポーチ
  • レインコート
  • 大きなサイズの袋
  • 日焼け対策グッズ
  • ポケットティッシュ、ウエットティッシュ
  • 防寒着
  • 塩分補給用のタブレット
  • 携帯扇風機

それぞれ詳しく見ていきましょう。

モバイルバッテリー

携帯電話を100%充電しても、現地に到着すると
「充電あと少し!」っていう状況になることもあります。

近くのコンビニで、モバイルバッテリーは、購入でき、
充電できるお店がある場合もあります。

しかし、売り切れや、充電できるところには、
大勢が押し寄せ、利用できないことも。

万が一に備えて、モバイルバッテリーを
持っていくことをおすすめします!

帽子

炎天下の中、日にあたるだけでも暑いですよね。

帽子をかぶって少しでも涼みましょう。

かぶるのとかぶらないとでは、かなり違います!

飲み物

正直、現地で買えますが、行列に並ぶ必要があったり、
売り切れ、また、慣れない土地で、お店が見つからないなど、
いろいろな状況が考えられますので、
水分は事前に用意してください。

熱中症対策のためにも、数本持参しましょう。

また塩分を含む熱中症対策系のドリンクや、凍らせた
ドリンクを持っていくのもおすすめです!

虫よけスプレー

夏フェスの会場は、自然豊かな場所で開催されることが多く、
通常野外なので、虫も多く飛び回っています。

虫よけスプレーで、かゆみから解放されたいですね。

また、スプレーだけではなく、虫よけリングなども販売されています。

手軽に虫よけをして、虫を気にせずに夏フェスを楽しみましょう!

ウエストポーチ

夏フェスで盛り上がってる間は、
身軽に楽しみたいですよね。

ウエストポーチに必要最低限だけ入れて、
楽しむのもアリだと思います♪

レインコート

雨が降ってきたら、ぱっと
レインコートを着て、そのまま楽しめます。

傘は周りの人に当たることもあるので、
禁止になっている会場もあり、
手がふさがるので、身動きがとりづらく
なってしまいますね。

レインコートもおしゃれなものを選べば、
ファッションとしても楽しめます。

大きなサイズの袋

アーティストグッズを買ったら、突然、
雨が降って荷物や大事なグッズが濡れてしまう…。

それを防ぐために、大きめの袋を持っていきましょう。

グッズ用としてだけでなく、
レインコートの代用や
汚れもの用にも使えるので、
持っていて損はないと思います!

ポケットティッシュ


汚れた時、ちょっと汗で気持ち悪いと感じる時、
肌を拭いてみてください。

不快感がなくなりますよ♪

防寒着

日中は暑くても夜は会場によっては気温が下がり、
また、突然の雨で体が冷えることもありますので、
体調を崩さないように、カーディガンなど
防寒着をもっていくことをおすすめします。

塩分補給用タブレット

当日、水分はとってもなかなか塩分は
摂取できないことが多いですよね。

気軽に塩分補給できるものとして、
タブレットや飴をおすすめします。

汗と一緒に塩分が体から排出されるので、
必ず、塩分補給しましょう。

携帯扇風機

片手がふさがりますが、
風がなく暑い時に、
顔に当てるととても涼しいです。

熱風になってしまう時もありますので、
一緒に保冷剤を使用すると涼しい風が吹いてきますよ!

最近では100円均一にも売られていますので
探してみてください♪

まとめ

季節の風物詩と言える夏フェスですね。

初めての夏フェスの必需品を
ご紹介しました。

忘れ物がないように注意して楽しみましょう♪

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事