宅配便を送りたいと荷物を梱包したら、どのような方法で送りますか? 

配送業者に電話をして自宅に取りに来てもらったり、配送センターまで荷物を送りに行ったりする方法がありますが、最寄りのコンビニでも送れるとしたらその方が自宅から近くて便利が良いかもしれません。 

 

ではどのようにすれば、コンビニで荷物を送ることができるのでしょうか。 

 

コンビニで送る事が出来る配送業者はヤマト運輸です。 

セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラなど13のコンビニで取り扱っています。 

荷物を送るためには、送付伝票が必要ですね。 

荷物を送る事ができるコンビニのレジには、元払い伝票も着払い伝票も用意があります。 

クール便は受け付けていませんが、縦・横・高さの合計が160cm以内、かつ重さが25kgまでの荷物を受け付けてくれます。 

 

送り方はこのようになります。 

  1. 梱包した荷物をコンビニのレジまで運ぶ。 

②レジで「宅急便を送りたいので伝票をください」と伝え、その場で宛先手書きで書き込みます。 

③荷物のサイズを測ってもらい、書き込み終わった伝票を荷物に貼りつけます。 

④配送料を支払って、荷物を預かってもらいます。 

 

あとは、そのコンビニの集荷時間に配送業者が回収に来て、送ってくれます。 

自宅の近くにあるのがコンビニでしたら、配送できると助かりますね。 

 

また、コンビニに荷物を持ち込むと、配送センター同様に1個につき100円の持ち込み割引を受けることが出来ます。 

 

 

スポンサーリンク

郵便局じゃなく大丈夫!コンビニでゆうパックを送る方法 

 

「ゆうパック」は、郵便局が扱う小包の種類のことですが、郵便局まで持ち込まなくても、送る事が出来ることができるコンビニがあることをご存知でしょうか。 

コンビニで送る事が出来る宅急便同様、便は送る事が出来ませんが、大きさは縦・横・高さの合計が170cm以内で重さは25kg以内であれば発払いの荷物も着払いの荷物も送る事が出来ます。 

 

ゆうパックの荷物を梱包出来たら、最寄りのローソンかミニストップへ持ち込んで送ってみましょう。 

 

送り方は、宅急便と同じです。 

①レジにて発送伝票を手書きします。 

②荷物のサイズを測ってもらい、伝票を荷物に貼ります。 

③支払いを済ませて荷物を預けます。 

 

コンビニにゆうパックを持ち込んで送ると、持ち込み割引サービスを受けることが出来ます。 

荷物1個につき120円です。また、利用できないサービスもあります。 

 

詳しくは各コンビニの下記URLを参照ください。 

(ローソン)https://www.lawson.co.jp/service/shipment/yupack/ 

(ミニストップ)https://www.ministop.co.jp/service/yu_pack.html 

 

 

大きな荷物でも大丈夫?コンビニで宅急便を送る方法 

 

コンビニで送れる荷物には大きなサイズですと160サイズまでを送る事が出来ますが、他にも送れる大きな荷物としては以下のものがあります。 

 

【スーツケース】

搭乗日の2日前まで(3日前の地域もあります)に発送手続きを済ませると、搭乗日の前日までに旅行先の空港のカウンターや、宿泊するホテルまで手荷物やスーツケースが届くので当日目的地の空港で受け取り、帰りは同様に帰着の空港のカウンターや自宅に手荷物やスーツケースを送る事が出来ます。160サイズ25㎏まで。 

 

【ゴルフバック】

プレイする2日前まで(3日前の地域もあります)に発送手続きを済ませると、プレイする前日までにゴルフ場のフロントにゴルフ道具や手荷物が到着します。プレイ当日に受け取り、また帰宅の際はフロントから自宅に発送が出来ます。 

※専用ケースが必要です。 

 

【スキー板・スノーボード】

こちらもプレイする2日前まで(3日前の地域もあります)に発送手続きを済ませると、プレイ前日までにスキー場のフロントにスキー板やスノーボードと手荷物が届けられます。プレイ当日に受け取り、また帰宅の際はフロントから自宅に送ることが出来ます。 

※専用ケースが必要です。 

 

これらの大きな荷物は、最寄りのコンビニに持ち込んで発送することができ、

帰りは自宅に届くのでとても身軽に移動することが出来るようになります。 

 

 

スポンサーリンク

まとめ 

  

荷物を送りたいときに、配送センターよりコンビニの方が近い場合はコンビニを利用すると便利なうえに割引が受けられて嬉しいですね。 

 

もし近所のコンビニで取り扱いがある様でしたら利用してみてはいかがでしょうか。 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事