犬を飼うと、医療費は、本来保険がきかないので高額になります。けれど、最近では、色々なペット保険があります。調査によると犬の医療費は、生涯で100万円かかるといわれています。そのために、貯金をしておくべなのでしょうか。あるいは、ペット保険に加入すべきなのでしょうか。気になりますね。

 

こちらでは、おすすめのペット保険をご紹介していきます。人もそうですが、なるべく保険は、少額で色々補償があるものを選びたいものです。ペット保険も、少額短期保険があり、すべて掛け捨てとなっています。

こちらでランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

人気の保険ランキングベスト5

ipet アイペット損害保険「うちの子」
「うちの子」通院から入院、手術。12歳11カ月まで加入可能。保険料は、犬種、年齢によってことなります。

→ペット保険「うちの子」

SBI いきいき少短 ペット保険「プラン50ライト」
小型犬2歳で月々700円
PS保険 ペットメディカルサポート
小型犬 1歳 月々1,430円 通院補償つき。12歳以降保険料が上がりません。
ipet アイペット損害保険 ペット保険「うちの子ライト」
「うちの子ライト」小型犬 1歳月々990円
手術の補償のみ
日本のペット  プラス少額短期保険「パールプラン」
小型犬 月々500円!とにかく保険料を抑えたい人向け
手術の補償のみ
→ワンコインから始められるペット保険

その他、アニコム損害保険(予防接種も補償)FPC、アクサダイレクトのペット保険、楽天少額短期保険などがあります。どの保険もネットから申し込みが可能で割引がききます。

そもそもペットって保険に入るべきなの?!徹底研究

それでは、本当に保険に入るべきなのでしょうか。

犬の場合、保険なしで、風邪でかかる費用は、数千円、皮膚炎、腎不全、癌などは、数万円~数十万円程度かかります。将来の安心のために保険に加入するべきなのでしょうか。

まずは、経験者のお話をご紹介します。

ある飼い主の方は、子犬の頃は、病院に通っていたけれど、大きくなるにつれて丈夫になったと話しています。その期間に保険をかけていて支払った保険料と治療費(保険に入ってない場合)を比べても保険料の方を年間30,000円多く支払っているという場合がほとんどということで、保険の見直しを検討しています。

また、室内犬(年間47,000円)と屋外犬(23,000円)を比べると明らかに屋外犬の方が丈夫で、医療費は、低いという調査結果もあります。

このことを踏まえて、しっかり金額を計算し、短期間だけ保険に加入するなど工夫することで、極力費用負担を軽減するのが良さそうです。

保険に入る時期ですが、飼い主の理想としては、子犬の頃とシニアになってからが理想のようです。

保険の制度がなかった頃は、犬は、屋外で飼い、病院にもめったに行かなかったことを思うと、過保護すぎるという声もあります。貯金してその費用にまわすという方法もありますね。

スポンサーリンク

どこにしよう?迷ったらペット保険会社の評判をくまなく見てみるべし!

どこの保険が良いのか、ペット保険の口コミで保険会社の情報を収集しょう。こちらに人気ランキングをご紹介します。

ペット保険人気ランキング(口コミ)ベスト5

ペット&ファミリー保険
高額なので、補償がしっかりしている。
「お守り代わりに入るのにちょうどよい」という口コミも。
→ペット&ファミリー保険
ペットサポートのPS保険
7割負担、親身になって相談にのってくれる。
→ペットサポートのPS保険
楽天ペット保険
月々460円からのペット保険。
少額で大病した時に助かる。
→楽天ペット保険
うちの子ペットライト
風邪薬、血液検査でも保険が適用される。
月々780円からも◎
→うちの子ライト
プリズムコール
1か月無料サービス、健康診断なしで加入できる。
→ペット保険のアニマル倶楽部

どのプランが自分の生活と合っているか検討してみてください。

まとめ

犬の寿命も、延びていますが、元気で長生きしてくれるよう丈夫に育てるといいですね。老犬になると介護なども必要になってきますので、保険は、慎重に考えて、負担にならない程度の物を選ぶようにしましょう。

→保険に入るよりもオトク?愛犬の腸内環境をサポートするサプリメント【ずっと一緒だワン】

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事