シャンプー

日々使うものの収納は、本当に悩むところです。特にお風呂場は、カビも生えるのでなるべく物を置きたくないですよね。また、ごみを減らすために色々なものの詰め替え用を利用します。この詰め替えをボトルに入れ替える作業は、かなりありますよね。台所だけでも、食器用洗剤、手洗い洗剤、洗濯で、ソフタ―、手洗い洗剤、漂白剤、それから化粧品の詰め替えなど様々あります。

中でもシャンプー、コンディショナーを間違えて入れてしまったりしませんか?髪の毛をぬらしながら、手さぐりでシャンプーを使うため、容器にはギザギザがあり、どちらか分るようになっています。ところが逆のボトルに詰め替えたものを手にして「あ~あ」と無駄にしてしまったことがあります。

そんな悩みを解決してくれるそのまま詰め替えというものがあるのをご存知でしょうか?文章の通り、工夫してそのまま吊るして使うことができます。こちらでは、そのまま詰め替え、その使い方、取り付け方をご紹介したいと思います。

シャンプー

スポンサーリンク

そのまま詰め替えの使い方と取り付け方を伝授!

シャンプ―

シャンプーの入れ替えは、衛生的に使用するために、ボトルを洗って、乾燥させ、詰め替えるという作業が必要ですね。その手間を省ける商品が、詰め替えそのままポンプです。中身が空気に触れないので、清潔に使用できる画期的な商品です。

詰め替えそのまま スタンダード(フルセット)三輝 3,574円(楽天市場)

ミニタイプもあります。
三輝

シャンプーの出てくる方にポンプを付け、反対の角にフックをつけて、吊るしながら使用します。ボトルの置き場もとらず、ぬめりもなく、お風呂掃除が楽になります。取り付けは、ワンタッチ。この詰め替えは、ポンプの部分を押すとシャンプーが出てくる仕組みになっています。

詰め替えそのままの使い方

1.フックの方を吊るします。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

2.ポンプを押して使います。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

取り付け方

1.レバーを開きます。

そのままつめかえ
像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

2.注ぎ口の穴に入れます。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

3.パチンというまで挟みます。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

4.反対側に吊るすフックを付けます。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

5.しっかり挟みます。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

6.この状態で取りつけ完成です。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

お風呂場に掛けるところがない場合は、専用のアーム(別売り)をシャワーに取り付けて使用できます。

専用アーム

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

1.専用アームをシャワーヘッドをかけているところに入れます。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

2.専用アームの右側にシャワーヘッド、反対側にシャンプーなど吊るします。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

ポンプの部分が最後は、真空になるので最後の1滴まで使えます。

そのままつめかえ
画像引用元https://youtu.be/jUcX1vypK8o

動画はこちら↓↓

イト―ヨ―カドーでも売っているKAKUDAIのつめかえパックそのままポンプ  1,180円

詰め替えそのまま

これを使えば、面倒な詰め替えをすることなく、シャンプーなどを使うことができますね。空気に触れることがないので、酸化せず劣化、雑菌の繁殖も防げます。

メリット、デメリットを見てみましょう!

シャンプー

こちらでは、そのまま詰め替えのメリット、デメリットを見ていきたいと思います。いいことづくめでデメリットなどないような気もしますね。では、メリットをご紹介します。

メリット

1.詰め替えをせずにすむ。
ボトルに詰め替えを注ぐ時に、きちんと中身が入らずこぼれることが多々ありますよね。入っている袋が柔らかいことがその原因のひとつです。きちんと入ると「今日は、上手くできた!」と思ってしまいます。

2.衛生的に保つことができる。
ボトルをお風呂場に置いておくと、カビが生えて、真黒になっていますよね。梅雨時などは、特にひどいです。そのため、ボトルの外側と内側を洗う必要があります。その手間が省けます。

3.最後の1滴まで使えて、経済的。
ポンプの部分を押すと真空状態となり、最後の1滴まで使いきることができます。これは、嬉しいですね。

4.空気に触れることがないので、酸化しない。
ボトルの場合、押して戻る時にボトルの中に空気が入って酸化し、泡立ちが悪くなることがあります。

5.お風呂場の場所をとらない。
ボトルを並べるとどうしても場所をとりますが、つるすだけなら、空間を上手に使えて便利ですね。

デメリット

1.ポンプの部分からシャンプーが垂れることがある。
何度も使用すると弱くなり、シャンプ―が垂れてくるようです。

2.ポンプをしっかり押さないと出てこない。
使用した方のクチコミで、トリートメント、コンディショナーなど中身が固いとかなりの力を使って押し出す必要があるとのことです。

3.フックの部分が次第に劣化し、挟む弱くなり吊るしても落ちる。
使用しているとだんだん挟むところが弱くなります。耐久年度は、およそ2年~3年とのクチコミがあります。

4.吊るすところがない場合、吸盤で吊るすと落ちる。
この場合は、専用アームをシャワーのところに付けるのが賢明ですね。アームは、625円で購入できます。

このような点を考慮して、用途に合わせて、使っていただければと思います。この商品は、テレビでも取り上げられ、爆発的に売れているとのことです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. そのまま詰め替えの使い方、取り付け方を見る。
  2. メリット、デメリットを確認する。
  3. 用途に合わせて選択する。

このような流れで、シャンプーなどのそのまま詰め替えを利用することをおすすめします。

使いやすいものを、購入したいですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事