6月の第3日曜日。父の日はパパに感謝を表す日ですね。

我が家のパパへのプレゼントは子どもがこれまでまだ小さかったこともあり、毎年似顔絵を描いて渡していました。

ここ最近は小学生になって手先も器用になってきたので、今年は手作り作品を渡してパパを驚かせ、感動して涙を流してくれるくらい凄い父の日にしたい!と二人でこっそり企画中なんです。

スポンサーリンク

父の日のプレゼントは手作りで!安いけど愛情いっぱい

せっかく手作り作品を作るならもちろん喜んで欲しいので、パパの好みをこっそりとリサーチすべく、パパの日常を思い出してみます。

会社から帰って来たらまず背広をハンガーに掛けるから、ハンガーをアレンジするのもありかもしれません。

夕食後は居間でのんびりするから、居間に飾れる写真立ても家族の写真を眺められるようにしてもいいですね。

パパは甘党だから、お菓子を作ってあげたとしたら、これもまた喜ばれそうです。

大体の案が出たので、今度は予算を割り出してみました。

①ハンガーアレンジの場合

材料:

  • いつも使っている木製ハンガー(家にあるので0円)
  • パパの似顔絵を描く画用紙(20枚入りで100円だったので1枚5円)
  • 絵を描く道具(家にあるので0円)
  • 透明のビニール袋(できれば丈夫なの)(家にあるのもので0円)
  • ハサミ家にあるので0円)
  • セロハンテープ家にあるので0円)

合計最安の5円

②居間に飾れる写真たての場合

材料:

  • 2Lの空きペットボトル1本(家にあるのもので0円)
  • またはダンボールの柄や文字のない部分(家にあるのもので0円)
  • 柄のついたテープ(買っても100円)
  • ボンド(買っても100円)
  • 貝殻など飾り(買っても100円)
  • カッターナイフ(家にあるのもので0円)もしくは大きめのハサミ
  • 家族の写真(家にあるのもので0円)

合計300円

③ バターも牛乳も不使用!簡単クッキーの場合

材料:

  • ホットケーキミックス150~200g (600gで300円くらいだったので200gだと100円)
  • サラダ油20g(家にあるのもので0円)
  • 砂糖30g(家にあるのもので0円)
  • 水適量(家にあるのもので0円)
  • 抜き型(買っても100円)

合計200円

パパが驚いてくれそうな手作りプレゼントは、愛情は目一杯。

どれも小学生らしいおこづかいの範囲内で揃う安価な材料費でできそうです。

父の日のメッセージ!感動させる文例特集

子供の愛情がいっぱい詰まった手作りプレゼントには、メッセージも添えるとさらに感動度がアップしそうな気がしませんか?

絶対に感動の涙を流してもらうぞ~!と意気込み、文例もいくつか考えてみました。

①お仕事でいつも疲れているパパへ

いつもおしごとからかえってきてつかれているのに〇〇(子供の名前)といっしょにおふろに入ってくれて
ありがとう。

これからも〇〇とたくさんおしゃべりしたりあそんだりしようね。

パパ大すき。

〇〇より

②お休みの日に遊んでくれるパパへ

にちようびはいつもこうえんにつれていってくれてありがとう。

ボールやじてんしゃでたくさんあそんでたのしいよ。

〇〇もはやくパパみたいな大きなじてんしゃにのれるようになりたいな。

またこうえんいこうね。

〇〇より

③勉強を教えてくれるパパへ

いつもしゅくだいのまるつけやときなおしをてつだってくれてありがとう。

パパのおしえかたはとてもわかりやすいからこれからもたくさんおしえてください。

〇〇もべんきょうをがんばってパパみたいになりたいな。

〇〇より

スポンサーリンク

まとめ

父の日の手作りプレゼントとメッセージについては、いかがでしたでしょうか。

小学生になって成長した我が子からの感謝の気持ちを受け取ってくれたパパが喜んでくれると嬉しいですね。

みなさんもぜひこの記事を参考にして楽しい父の日を迎えてください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事