就職活動を経て見事就職が決まり、春には晴れて新社会人!という方もいらっしゃると思います。

学生時代とは違って、社会人になると、身だしなみにも気を遣わなくてはいけませんね。

会社の看板を背負ってお仕事することになるわけですから、あなたの印象=会社の印象というように考えていたほうがよいかもしれません。

仕事が出来たとしても、身だしなみをおろそかにしていると、上司の方や取引先の方などに悪い印象を与えてしまいます。

 

「身だしなみ」と聞いて、最初に思い浮かぶのは、やはり「服装」でしょうか。

新社会人として、社会に出るのにふさわしい服装といえば、学生時代にはほとんど着ることが無かった、「スーツ」ですよね。

スーツ=サラリーマンの戦闘服と言われているくらいですから、世のほとんどの方がスーツを制服のように捉えていると思います。

 

「スーツなんてルールとかあるの?」

って思っている、あなた。

実は、スーツもいろいろとルールがあるんですよ!

 

だから、スーツを新調されるときは、そのルールを踏まえた上で購入すると、失敗せずに買い物ができます。

では、早速そのルールをみていきましょう。

https://eonet.jp/zing/articles/_4101958.html 出典(OPTAGE

 

失敗しないスーツの選び方!

あなたは今、スーツを新調しにお店にいるとします。

並んでいる商品を一通り見て、あなたならどんなスーツを選びますか?

 

色?デザイン?生地感?

何を優先させて選びますか?

 

◆色◆

スーツの色は、定番の色として「紺」「グレー」があります。

「あれ?黒は入らないの?」と気がついたあなた、そうなんです。

黒のスーツは、本来は冠婚葬祭用として着用するものなのです。

ビジネスシーンでも冠婚葬祭の場面は想定できるので、そのために準備しておくという認識でいたほうがよいでしょう。

ただ、最近国内では社会的に「黒も定番の色」として認知されているので、外資系の会社に入社されないのであれば、深く考えなくてもよいのかもしれませんね。

 

◆デザイン◆

言うまでもないと思いますが、スーツのデザインは凝ったものはチョイスしないようにしましょう。

入社される業界的にOKの場合もあるので、一概には言えませんが...

基本的には「個性を感じさせるデザインは選ばない」というのが鉄則です!

 

新社会人のためのワイシャツ講座!こんな色がベスト!

さて、スーツは決まった、次はというと、「シャツ」選びですよね。

スーツが紺やグレーという色合いなので、シャツの色やデザインにどんなものを持ってくるかによって大きく印象が左右されます。

Vゾーンは一番目立つ部分なので、慎重に選びましょう。

 

◆色◆

シャツの色は、やはり最初は「白」をオススメします。

すでに持っておられる方は、2枚目として「薄いブルー」がよいでしょう。

他にも、「ピンク」や「イエロー」、「グリーン」などもありますが、色はその色が持つ心理的効果があるので、その効果をビジネスに生かすような色選びをすればよいでしょう。

◆柄◆

シャツの柄で一番定番なのが、「ストライプ」ですよね。

次に「チェック」柄でしょうか。

一口に、ストライプやチェックといっても、その種類はとてもたくさんあります。

スーツが定番色なので、失敗は少ないと思いますが、相手に与える印象が変わってくるので、

ただ単に「好みだから」という理由で選ばないほうがよいでしょう。

 

◆襟◆

シャツの襟も様々な種類があります。

定番の「レギュラーカラー」はどんなスーツとでも相性がよく、シーンを選びません。

他にも「ワイドカラー」や「ボタンダウン」などがあります。

ワイドカラーやボタンダウンは冠婚葬祭には向かないので、注意しましょう。

ボタンダウンのシャツは、襟が固定されており、ノーネクタイでもだらしない印象を与えずに済みます。

クールビズの季節には重宝するでしょう。

 

https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=6324 出典(ENJOYORDER!!MAGAZINE)

 

新社会人が買う初めての名刺入れ!色や形はこれがお勧め!

服装が決まれば、次に欲しくなるのが、「名刺入れ」ですよね。

名刺交換の場面で、名刺入れなどのちょっとした小物で相手にいい印象を与えることができると、今後のビジネスもスムーズに進むことでしょう。

でも、そこはビジネスの場なので、業界的に許される場合以外は、奇抜な色やデザインのものはチョイスしないほうがよいでしょう。

 

◆色◆

色は、定番の「黒」、「紺」、「茶」のような色を選びましょう。

落ち着いた色合いをセレクトするといいですよ。

 

◆素材◆

素材も、「革」、「アルミ」、「布」など様々な種類のものが出回っています。

相手に与える印象を考えると、やはり革製品のものを選ぶほうがよいでしょう。

 

https://www.kawa-ee.com/note/cardcase/how-to-choose/ 出典(革ee.com)

 

まとめ

新社会人として会社に入社したら、「自分は会社の人間なんだ」という意識が必要になるし、社外の方からもそれを求められます。

個人的な意見より、会社としての意見を求められます。

 

入社して日が浅いうちは、まだ仕事や何も周りのことなどが把握できていないので、個性を出すことは求められていません。

業界にもよりますが、個性を出せるようになるには、ふさわしいタイミングがあるように思います。

 

今は、それまでの充電期間として捉え、先輩などの服装や振る舞いなどを観察しつつ、自分のものにしていくとよいと思います。

 

そういったことを踏まえて、服装などを選んでいきましょう。

 

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人がよく読む記事